ブクログ大賞

江戸あわび―料理人季蔵捕物控 (ハルキ文庫)

  • 51人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (14)
    • (1)
    • (1)
  • 8レビュー
著者 : 和田はつ子
  • 角川春樹事務所 (2016年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784758440370

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

江戸あわび―料理人季蔵捕物控 (ハルキ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 第三十一弾
    商売熱心な男のあわび料理指南から殺人事件
    更には背後に鮑玉の独占、背後にあるのはある藩の独占とそれを維持するために犠牲になった人々が猫を繋がりに罠を
    そしてこれをどう裁くのか?

  • シリーズ31巻。
    秋のアワビ料理と、猫がキーワードになる話。
    まずいくつか事件が起き、その黒幕を探すのはこのシリーズ通り。
    最初に出てきた人たちから関係ないと思った人まで、最後に全部繋がるという、いつものパターン。

    しかし、あの締め方でいいのだろうか。

  • 今回は見事にアワビづくしの一冊。
    伊勢神宮に奉納されるくらいだから、江戸でもアワビはよほどのことがない限り高価なものであるらしく、今回は豊漁のためにここぞとばかりのアワビ料理を堪能といったところ。現代でもアワビは高価なため、私はせいぜい御造りしか食べたことがありません。食べてみたい一品ばかりでした。
    それから、アワビからも鮑玉と呼ばれる真珠が採れるとは知らなかったです。偶然見つかるものなので、かなり貴重だったことでしょう。
    アワビのほかにはイチジク料理。小さい頃は近所の家からもらってよく食べましたが、最近はさっぱり。イチジクすらも最近は買って食べるものとなりました。
    さて、そんなアワビ料理の隙間で殺されてしまったのは三人。どの人物も決して善人ではありませんでしたが、最後に出てきた下種な極悪人は、皆に恨まれて殺されてもまあ仕方がないかと適当に処理されてしまいました。
    物語においてはこういう復讐のための殺人はあえて下手人をあげない、という手法がとられますが、その後はたとえ物語であっても心安らかに暮らしていけるのだろうかと思ってしまうのでした。

  • 20170101 短編のつもりで読んでしまった。一話終わる毎に新しい謎。結果としては、ネタバレかな。

  • 2016年9月ハルキ文庫刊。書下ろし。シリーズ31作め。いつものように、おいしそうな料理と、殺人事件のアンバランスさがおもしろい。料理を尽くして悪を討つといったところでしょうか。

  • 201609/新章以降もずっと特に変わらない展開なので、ちょっと飽き気味。とはいえ、新作出ると買ってしまうのだが。季蔵と瑠璃にそろそろ大きな進展あってもよいのでは。

  • 三吉の成長著しいのがなんだか嬉しい。
    アワビは大好きなのだけど、今回は料理の印象がちょっと薄いかな。
    瑠璃に思いを寄せる人が、また登場したわけだけど、肝心の季蔵との仲に進展がないのでもどかしい。
    そろそろ、なんとかしてほしいところ。
    というか、全体にお話が停滞してるんだよねえ。
    ここらで、怒涛の展開のあることを希望。

全8件中 1 - 8件を表示

江戸あわび―料理人季蔵捕物控 (ハルキ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

江戸あわび―料理人季蔵捕物控 (ハルキ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする