暴政:20世紀の歴史に学ぶ20のレッスン

  • 61人登録
  • 3.71評価
    • (3)
    • (7)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
  • 6レビュー
制作 : 池田 年穂 
  • 慶應義塾大学出版会 (2017年7月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784766424386

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ミシェル ウエル...
ヴィクトール・E...
遠藤 周作
サン=テグジュペ...
有効な右矢印 無効な右矢印

暴政:20世紀の歴史に学ぶ20のレッスンの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人は歴史から学ぶことができる。しかし、真剣に歴史から何かを学ぼうとし、学んだ教訓を日々の生活の中で活かせる人間は遥かに少ない。
    自分への戒めとして、数年に1度読み返す本の一つになりそうだ。

  • あまりにも今の政権への警鐘にハマりすぎていて、怖かった。

  • 政治を良くするには、国民一人一人が自立した考えをもって自身の幸せを考えるところから始めないといけないんだと思う。与えられることを期待するのではなく、何かを作り出していく気概が必要になってきているのではないか。

  • 請求記号:310.4/Sny
    資料ID:50088202
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

  • 東2法経図・開架 311.2A/Sm9b//K

  • 自分自身で情報を吟味せよ。他者を批判する言葉しか垂れ流さない人物の言うことには、十分な注意が必要だ。自分の自由を売り渡すな。

    という事なんでしょうか?

全6件中 1 - 6件を表示

暴政:20世紀の歴史に学ぶ20のレッスンを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

暴政:20世紀の歴史に学ぶ20のレッスンを本棚に「積読」で登録しているひと

暴政:20世紀の歴史に学ぶ20のレッスンの作品紹介

▼政治においては、
騙された、というのは
言い訳にはならない。
    ――レシェク・コワコフスキ

ファシストは日々の暮らしのささやかな〈真実〉を軽蔑し、
新しい宗教のように響き渡る〈スローガン〉を愛し、
歴史やジャーナリズムよりも、つくられた〈神話〉を好んだ。
事実を放棄するのは、〈自由〉を放棄することと同じだ。

ファシズム前夜――
いまこそ、本を積み上げよう。〈真実〉があるのを信じよう。
歴史の教訓に学ぼう。

気鋭の歴史家ティモシー・スナイダーが、現在、世界に台頭する
圧政の指導者に正しく抗うための二〇の方法をガイドする。

解説 = 国末憲人

暴政:20世紀の歴史に学ぶ20のレッスンはこんな本です

ツイートする