数III方式ガロアの理論―アイデアの変遷を追って

  • 12人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 矢ケ部巌
  • 現代数学社 (1976年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (525ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784768700112

数III方式ガロアの理論―アイデアの変遷を追っての感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  私は、高校1年生の時、5次方程式が代数的に解けないということの証明に、群論という抽象的なものが用いられた。ということを知り、
    「群論なんていう抽象的なものを考えたから、解けないなんていうことになったのではないか。私が他の方法で解いてやろう。」
    と、考えたものでした。そして、この本を読み、
    「群論って必要なものなのだ」
    と、納得しました。
     私に抽象代数学への入門をさせてくれた大切な本です。愛読書ナンバー3です。

  • 短命の数学者ガロアの理論を説明した本。分かりやすいと思いますが、5次方程式とか手が出せません。理学部大学生向き。

全2件中 1 - 2件を表示
ツイートする