ちいさいわたし

  • 68人登録
  • 3.81評価
    • (7)
    • (6)
    • (5)
    • (3)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : かさいまり
制作 : おかだ ちあき 
  • くもん出版 (2013年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774321134

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
モーリス・センダ...
マージェリィ・W...
エリック カール
トミー=アンゲラ...
かがくい ひろし
なかの ひろたか
長谷川 義史
A.トルストイ
酒井 駒子
やぎ たみこ
有効な右矢印 無効な右矢印

ちいさいわたしの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 岡田さんの絵だけの頁にため息が出る。
    お話しのオチもよいなぁ。
    子どもらしからぬはなしだと思っていたら、最後にいい意味で裏切られた。

  • 2013年2月新刊。子どもの成長を期する。酒井駒子にも近い淡く柔らかい絵柄。すごく良いが大人向け?子どもたち本人はどう受け止めるのか

  • おすすめ

  • 絵にひかれる。きっとすぐにできるようになる。いまはそのとちゅうだもん。子供はあっという間に大人になる。

  • いつかきっと。いつかきっと。
    でも、いつかじゃなくて、今なんだ。
    ステキな絵本。

  • どこにでもある、ささやかな成長の物語。

    今にも動き出しそうな、
    そしてあったかい絵柄の身近な風景の絵本でした。


    今はできないけれど時間がたてばきっとできるようになる、

    女の子の「~その途中だもん」という台詞が印象的でした。

  • かわいい。
    すこぉ〜しずつ、すこぉ〜しずつ、大きくなっていこうね。
    やさしい視線を感じられるからかな、あったかくなります。
    おかだちあきさんの絵が、またあったかいんだなぁ。

  • 見守るコトの素晴しさを伝える絵本です。。。

    くもん出版のPR
    「小さな女の子の心の機微と、少しずつ育つ姿。
    子どもを信じ、包み込む親のまなざし。
    親子のきずなを確かめあうことができる絵本です。」

    岡田千晶 ホームページ
    http://okada-chiaki.com/

全8件中 1 - 8件を表示

ちいさいわたしに関連する談話室の質問

ちいさいわたしを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ちいさいわたしを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ちいさいわたしを本棚に「積読」で登録しているひと

ちいさいわたしの作品紹介

いろんなことがうまくできないちいさいわたし。でもいつかはちゃんとできるようになるの。だんだんね。きっといまはそのとちゅう。

ツイートする