ゆきおんな (日本の民話えほん)

  • 25人登録
  • 3.20評価
    • (1)
    • (2)
    • (6)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
  • 教育画劇 (2000年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774604602

ゆきおんな (日本の民話えほん)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 4-7746-0460-7 28p 2000・2・10 初版

  • (2015-01-23)

  • 宇野亜喜良の雪女が妖艶で、気に入られてしまった息子の恐怖心と、ラストの哀しさが胸にしみた。

  • 白馬の雪山にはいった猟師の親子・もさくとみのきち。吹雪のため山小屋で休んでいたが、雪女があらわれてもさくは殺されてしまった。それを見ていたみのきちだが、雪女に気に入られて命は助けられた。翌年の冬、旅の女がみのきちの家に現れた。みのきちは女を嫁にとり、子だからにも恵まれ幸せに暮らした。みのきちは雪深いある夜、嫁に亡き父とであった雪女の話をしたところ、嫁は雪女の正体を明かして、「子どものことを頼んだぞ」と言い残して去って行った。

  • 冬の定番。この本はそんなには怖くなかったです。どちらかというと悲哀みたいなものもあるかな?

全5件中 1 - 5件を表示

川村たかしの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
なかがわ りえこ
モーリス・センダ...
佐々木 マキ
トミー=アンゲラ...
長谷川 義史
有効な右矢印 無効な右矢印

ゆきおんな (日本の民話えほん)に関連するまとめ

ゆきおんな (日本の民話えほん)はこんな本です

ツイートする