美獣の領主に囚われた乙女 (マリーローズ文庫)

  • 23人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (3)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 水島忍
制作 : 旭炬 
  • コスミック出版 (2012年4月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784774725086

美獣の領主に囚われた乙女 (マリーローズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • マリーローズ文庫には、はずれが多いのですけど、これはまあまあでした。領主ルーファス側の心情も書かれていたし、ライラがいい子で真面目で、主人公に嫌な感じはしませんでした。

    一方脇役の村人たちは、ほんとイラッとすることが多く、あの家族はいったいなんでしょうね。美人の姉二人はまだしも、あの父。自分を心配して帰ってきた娘が、領主のお手つきになったって分かったら、もっと違った反応するのが普通じゃないかなあと。まあ、元々生け贄として自分の娘を普通に送り出せる父でしたから、あんなものかもしれません。

    ルーファストとライラがすれ違っていくのもなんか切ないところもあって、最後の終わり方は微妙かなぁとは思いましたけど、まあ、違和感なく終わったので、よしとします。

全2件中 1 - 2件を表示

美獣の領主に囚われた乙女 (マリーローズ文庫)を本棚に登録しているひと

美獣の領主に囚われた乙女 (マリーローズ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

美獣の領主に囚われた乙女 (マリーローズ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

美獣の領主に囚われた乙女 (マリーローズ文庫)の作品紹介

ライラの住む村に衝撃がはしった。獣の領主様と呼ばれている領主から、村の娘を館へ奉公に上がらせろと要求がきたからだ。きっと食い殺されてしまうに違いないと村人達は震えあがる。そこで役立たずの牧師の娘ライラに白羽の矢が立ち、差し出されることになってしまう。恐る恐る館にいったライラが出会ったのは獣の仮面をかぶった、美しい領主で…。新「美女と野獣」濃厚ロマンス。

美獣の領主に囚われた乙女 (マリーローズ文庫)はこんな本です

美獣の領主に囚われた乙女 (マリーローズ文庫)のKindle版

ツイートする