鷹の褥でねむる龍 (ショコラノベルス・ハイパー)

  • 17人登録
  • 3.14評価
    • (0)
    • (1)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 結城一美
制作 : 亜樹良 のりかず 
  • 心交社 (2008年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784778105037

鷹の褥でねむる龍 (ショコラノベルス・ハイパー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトル:鷹の褥でねむる龍
    著者名:結城一美
    イラスト:亜樹良のりかず
    出版社/発売元:心交社
    シリーズ名:ショコラノベルス・ハイパー
    発売日:2008年02月
    ISBN:4778105036
    税込価格:893円

    ■Story■
    蓮沼組の若頭に就任した宏樹は、関東の極道を執り仕切る三和会の会合で、
    剣城組の跡継ぎである剣城史彬と12年ぶりに再会する。
    学生時代、偶然同じ大学だった剣城に「気に入った」という理由だけで
    抱かれてしまった宏樹は、自分を女扱いした男を憎んでいた。
    極道らしい風貌の剣城に比べ、宏樹は細身で甘い顔立ち。
    再会した今もコンプレックスを刺激され、宏樹は苛立つ。
    そんな折、無理やり誘われた酒の席でまたしても剣城に抱かれてしまう。
    剣城の真意が読めない宏樹だったが、執拗なまでの求愛に次第に戸惑いはじめ…。


    ■カップリング■
    【攻】剣城史彬/けんじょうふみあき(30)剣城組若頭
    【受】蓮沼宏樹/はすぬまひろき(30)蓮沼組若頭


    ■感想■
    何か大きな大どんでん返しが来るかと待ち構えていたら、
    とくに突拍子もない展開もなく終わってしまった。
    極道の一途な愛って、男気があるような無いような…。
    そこまで好きなら他の奴に手を出すなよっ!って思うんだけど。
    著者が「ツンデレ」に設定した宏樹。
    ツンデレとはちょっと違うような気もしたけど、従順じゃないってことか?
    極道モノだが安心して読め、わりと好きな作品かも。
    ただ、ねっとりとした極道世界が好きな方には物足りないかもしれない。

全1件中 1 - 1件を表示

鷹の褥でねむる龍 (ショコラノベルス・ハイパー)のKindle版

鷹の褥でねむる龍 (ショコラノベルス・ハイパー)の文庫

ツイートする