精神の生態学

  • 323人登録
  • 3.73評価
    • (23)
    • (10)
    • (40)
    • (0)
    • (1)
  • 25レビュー
制作 : Gregory Bateson  佐藤 良明 
  • 新思索社 (2000年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (706ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784783511755

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
ダニエル・C. ...
ミシェル・フーコ...
トーマス・クーン
エーリッヒ・フロ...
ミシェル・フーコ...
J・モーティマー...
ミシェル・フーコ...
リチャード・ドー...
有効な右矢印 無効な右矢印

精神の生態学の感想・レビュー・書評

  • 思考の辞書と言ったかんじ。部分的に読んだ。
    二項対立の解消法は異化?不快を避けるのではなく、極めてみる。自分の中にこびりついているあらゆる二項対立に目を向ける事ができる。
    精神分裂症やアルコール依存症の原理に関する理性的理解を深める事ができる。
    ダブルバインドが場合によっては創造性を高める事に繋がるということはマレーゲルマンも言っていたけど、裏付けは薄めかなとおもった。
    ”目的を達成する一番の方法は目的を捨てることだ。”
    ”「われわれが生きるこの世界はいったいどんな世界なのか”という純粋な知の衝動に導かれていれば、それでよい。”

  • ・学生はきちんと出席し、授業に強い関心を示したが、毎回授業が三回か四回すすんだところで、きまって質問が上がってくるのだった。「この授業はいったい何なんですか?」
    わたしとしてもいろいろな答を試みた。あるときは、学期末にはこういう問いに答えられるようになっているようにといって、まるで教理問答集のような質問のサンプルを学生たちに手渡した。
    「サクラメントとは何か」、「エントロピーとは何か」、「あそびとは何か」―といった問いを盛り込んだものである。
    教育戦略として、これは失敗だった。クラス全員だまりこんでしまったのである。しかしそんななかでも、役に立った問いはある。

    幼い子供がホウレンソウを食べるたびに、ごほうびとしてアイスクリームを与える母親がいる。この子がa―ホウレンソウを好きになるか嫌いになるか、b―アイスクリームを好きになるか嫌いになるか、c―母親が好きになるか嫌いになるか、を知るには、ほかにどんな情報が必要か。

    この問いとたくさんの種類の討議に、授業の一回か二回ぶんを費やすなかで、この種の問題に必要なのは、母親と子供の行動のコンテクストについての情報にかぎられる、ということがハッキリと理解されてきた。この「コンテテクスト」の現象、そしてそれと密接に関連する「意味」の現象の有無が、いわゆる「ハード・サイエンス」と、わたしが目指していた科学との境界を画するものなのである。

    ・娘 そのいろんな種類の点数を最後に足していけばいいのね。
    父 足したらだめさ。掛けるとか割るとかなら、意味があるかもしれんが、足すのは絶対だめだ。
    娘 どうして?
    父 どうしてって、足せないんだよ。分からないか?ふむ。これじゃ算数も嫌いになるだよ。そういう一番大事なところを教わってないんだったら、

    いいかい、「オレンジ2つ」と「2マイル」とでは、同じ「2」でも違うだろう?頭の中で「2」という観念が出来るところは同じだが、その種類が違うんだ。種類の違うものは足せないよ。

    ・娘 学習する方は本能的なのね?
    父 そういうことになるね。学習する能力を学習で身につけなければならないんだったら別だが。

    ・科学者というのはいつも、世界が単純にできていると考えたがるんだな。そしてその期待は、決まって裏切られる。

    ・思考が無限を悪魔に変えた。
    恵み深きを、むさぼる炎に変えた。
    そのさまに人はおののき、夜の森に逃げてかくれた。
    永遠の森はそのとき裂けた。
    そしてあまたの地の球となって、宙を巡った。
    巡る宙は海となり、すべてを呑んだ。
    跡に肉の壁が残った。
    そこに悪魔の宮殿が建った。
    有限の回転にぐるり縛られた有限の姿が立った。
    そして人は天使になった。
    天は巡る円となった。
    神は冠をかぶり、冷徹な君主となった。
    ―ウィリアム・ブレイク

    ・娘 「あなたは豚のようだ」が直喩で、「あなたは豚だ」が隠喩。
    父 ほぼ正解だ。隠喩に「これは隠喩だ」という表示がつくと、それは直喩になる。
    娘 夢にはそういう表示がないのね?
    父 その通り。
    何に喩えているかは示さずに喩える。Aについて言えることを、Aの名前を出さずに、Bに当てはめる。「国が腐敗する」と言うだろ?その国に起こった変化を、バクテリアが引き起こす果物の変化に喩えているわけなんだが、隠喩ではバクテリアのことも果物のことも、表には出てこない。
    娘 夢も同じ?
    父 逆なんだ。夢は果物の方を見せておいて―バクテリアまで見せるかも知れないが―国は出さない。夢は関係を取り上げてそれを練っていく。その関係が何と何の関係なのかということは取り上げないんだ。

  • ベイトソンは, 一般的概念における アイデンティティ を一旦脱構築し, その本質的構造と機関をきめ細やかに可視化してくれた。また, 学習過程の分析による方法形成機関の可視化も秀逸である。此処より各々の思想が発展していったことからわかるように, 本書は非常に強力な冗長性; 編集可変性を含有する。さて, わたしという思考システムは, 今後いかなる情報をネットワークに絡ませ, どのようにどのような第3次学習段階に到達するのだろうか。楽しみ。

  •  専門的な部分はよく分からなかった。じっくり読んでいると普段は開けない頭の隅っこの引き出しを覗くみたいにして、よい刺激を受けて読書中の考えごとが捗る。反面、読み進む速度は遅くなった。しかしそれぞれの論考は短いものであるので、またやる気がでたら気軽に読み返してみたい。

  • 知識は古びていくけれども、発想はいつでも新しい。

  • 東大京大教授が薦めるリスト100選抜

    No.61

  • 今回のテーマは、グレゴリー・ベイトソンの思想です。

    グレゴリー・ベイトソンの考えについての理解を深めます。また、社会システム理論やパターン・ランゲージなどの考え方に通じる点について考えます。これらが、自分たちの研究・関心にどうつながっているのかを考えてください。

  • 父と娘の対話がグロテスクでした

  • 1930年代から70年代まで、長期にわたる期間に書かれたベイトソンの主な論文等を集めたもの。分厚い。
    しかも、内容がカバーする分野の種類が凄い。人類学、芸術、精神医学、社会学、生物学、進化論、コミュニケーション論、エコロジー・・・。すさまじい人である。
    ベイトソンの思考の基盤はラッセルの数学著作、ウィーナーの『サイバネティックス』などに多くを負っている。特に情報理論が中心にあるようだ。
    ここまで博学な学者の思考を全部追いかけるのは大変だ。追い切れない。特に数学的な問題にかかわってくると、わからない。ベイトソンの思考方法は私のそれとは非常に隔たっている。しかし、個人の・集団の・社会の・自然のシステムを論じつつ、エコロジーの思考へと流れ込んでいくその力動には圧倒されざるを得ないし、蓄えられた知の総量にはただ敬服するしかない。
    精神分裂症(統合失調症)を発症させる状況としての「ダブルバインド理論」はなかなかおもしろく、患者だった私自身の姉と、当時の家族状況を思い出しつつ、照合してみた。
    まあ、この理論はすべてを説明するわけではないが、ある一面を言い当ててはいるかもしれない。
    もっと安い普及版のベイトソンの主著をまだ読んでないので、そちらも読んでみたい。

  • 本文668頁、途切れつつもじっくり読んだ。
    人類学、精神医学、生物の進化と遺伝、そしてシステム理論とエコロジーにもとづく新しい認識論に及ぶ、序章も含めた35の論集は、なまなかに理解の適うものではないが‥。

  • 図書館で借りて、即、リタイア。
    時期が悪かった。

    鶴見俊輔から拾った本。
    ダブルバインド、いつかひもとく。

  • オートポイエーシス フィードバック 生態系 

  • 読み止め。いつかまた読み始めるつもり。

  • p.217 Steps to an Ecology of Mindの邦訳

  • ベイトソンは、基本的には論文という形で仕事をすすめ、なんとその中でさまざまな実験を繰り返していたわけだ。M.ミードとの間に授かった娘との「メタローグ」という往復文章?には驚いた。男とか大人とかじゃなくておとうさん、でも学問できるじゃないの、というようなびっくり。ダブルバインド理論に関する主論文もここに収録され、丁寧な訳と訳注で詠みやすい。

  • 内容は決して新しくはない。そのまま受け取るならば、すでに乗り越えられたと思われる仮説もある。

    しかし、そんなこととはまったく別の水準で常に新しさを内包している。それは、ベイトソンの着眼点であり、思考の方法であろう。
    現在の科学的知見から彼の思想を再構成したらどうなるだろうか、と想像する。

    そしてまた、ブリーフセラピーの「起源」。

  • 激ムズ!泣きが入りそうに難しいこと言ってます。そして、がんばって読んで理解するとものすごく面白いこと言ってます!ベイトソンって賢いよなあとつくづく思ってしまう。何食べたらこんなに賢くなるんでしょうね?内容は幅広すぎて一概にはなんとも言えません。科学論、文化人類学、心理療法、学習理論、進化論、生物学、情報理論、芸術、遊び、サイバネティックス……もうなんでもありの玉手箱です。エリクソンの臨床知とベイトソンから生まれ出たダブルバインド理論の発想を受け継いだ二大賢人の弟子、ヘイリーが『戦略的心理療法』で見事なコミュニケーション理論を築いたわけです。ベイトソンのもう一方の弟子、ウィークランドもブリーフセラピーを作り上げた中心人物ですしね。ベイトソン流のコミュニケーションの分析・理解のやり方は見事の一言につきます。

  • ダブルバインド理論が今でもずっと心の奥にひっかかっている感じがする。
    そんな人間関係を他人の会話から感じ取ってしまうと、もうはらはらしてしまうほどに(笑)。

  • 大ベイトソン。メタローグだけで文庫化したら、ファンも増えると思われる。

  • ダブル・バインド理論の原点。ブリーフ・セラピーはこれ無しには始まらなかった。

全25件中 1 - 25件を表示

精神の生態学に関連するまとめ

精神の生態学を本棚に「読みたい」で登録しているひと

精神の生態学を本棚に「積読」で登録しているひと

精神の生態学の作品紹介

文化とは?性格とは?病気とは?情報とは?進化とは?意識とは?文明とは?環境とは?芸術とは?神聖とは?物象科学の思考を捨て、関係性を問いつめ、マインドの科学を築いていった巨人ベイトソンの全軌跡。

ツイートする