産業再生機構 事業再生の実践〈第2巻〉債権者調整と債権買取手続

  • 56人登録
  • 3.46評価
    • (2)
    • (4)
    • (6)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
  • 商事法務 (2006年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784785713591

産業再生機構 事業再生の実践〈第2巻〉債権者調整と債権買取手続の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【資料ID】67264
    【分類】336/Sa63

  • 2作目。今更ながらなんだが、この本は産業再生機構の枠組みを活用した場合の事業再生のマニュアル本だ。まるで産業再生機構で働く人向けに書かれたような。それが、法的整理の場合と大きくまた数多く違うわけでもないのだろうが、その前提をわかったうえで購入する必要があった。
    感想。2作目の本書は金融機関調整のノウハウが豊富に書かれている。とても豊富に具体的に。こんなノウハウを提供してくれる本はそうないだろう。
    備忘録。
    ・非保全債権プロラタ配分を主流としていること。明文化されているのかしいらないが、私的整理のガイドラインでは、信用プロラタが主流らしい。
    ・保全調整。だから保全額の調整が必要になってくる。産業再生機構が入るならそれも可能だろうが、そうではない私的整理には難しいと思われるが、どうなのか。
    ・選択肢を提示し、どっちが得と考えるか決めてね、と意思決定を促す。言われてみればその通りだが、あまり意識したことなかったな。

    そんなとこ。

  • すごい実務本です。

全3件中 1 - 3件を表示

産業再生機構 事業再生の実践〈第2巻〉債権者調整と債権買取手続を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

産業再生機構 事業再生の実践〈第2巻〉債権者調整と債権買取手続の作品紹介

事業再生市場の確立を期して。産業再生機構のプロフェッショナル・スタッフである事業、金融、証券、財務、会計、税務、不動産、法務等の専門家が、機構業務の実務を詳述し、今後のわが国事業再生に必要なノウハウを提示する、実務家座右の書。

産業再生機構 事業再生の実践〈第2巻〉債権者調整と債権買取手続はこんな本です

ツイートする