スピリットサークル 01―魂環 (ヤングキングコミックス)

  • 397人登録
  • 4.20評価
    • (56)
    • (67)
    • (21)
    • (3)
    • (0)
  • 33レビュー
著者 : 水上悟志
  • 少年画報社 (2012年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784785939830

スピリットサークル 01―魂環 (ヤングキングコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 絶妙な『重量感』を読み手に与えてくる漫画
    固くなりすぎず、かと言って、ふざけすぎもせず
    画は荒削り、テンポも軽快で、乱暴だったり下品な台詞もあったりする
    だけど、そこに緻密な計算があって、絶妙なバランスを生み出しているのだろう
    水上先生の作品を全て読んでいる訳ではないので、軽はずみな事は言えないが、私はこの『重量感』に一番の魅力を感じるからこそ、先生の作品が好きなのだ、と思う
    カルトな作品を生み出す描き手と言われがちで、それは確かだと納得する部分はあるものの、そこがイイ
    生にも死にも、真正面からぶつかって、生半可な形では描かず、読み手の頭をカチ割ってくるような勢いで訴えてきている
    この作品は『前世』と『生まれ変わり』が根本的なテーマであるようなので、それがかなり強い
    この濃い味は、元々の水上先生のファンにとっても強烈かもしれない
    鉱子の『瞳』はかなり印象に残る・・・何をどう視て来たら、齢14の娘がこんな凛とした芯の通った、あらゆる屈強にも曲がりそうもない信念ある『瞳』になるんだろう
    恐らくっつーか、確実に、今後、前作並みに怒涛の展開になると思われるので、溺れないように注意を払って読まなければ

  • 手塚治虫の「火の鳥」のような輪廻転生の物語。

    感動しました。

  • 輪廻転生というテーマが好きなわたしは惑星のさみだれよりハマれそうな予感!

  • 普通輪廻って言ったら、容姿や性格が似そうなものだけど、どうやらそう単純ではなさそう。善悪とかそういうのを超越したストーリーで実に著者らしい。面白くなりそうで良い。

  • これは辛い。前世で加害者だったり被害者だったり。その時の状況でどちらにもなりうる。一度ではなく複数回の前世。ひとつひとつ思い出していくごとに心にわだかまりができるんではないか?背後霊的存在の言葉は正論。彼らは過去のその人ではなく、現世で新たな生を受け、名をもらった人物。前世は前世、現世は現世。さて、これから数回前世を見なければならない主人公。どうなる? この話、先の展開が見えないわ。

  • 里中満智子の「海のオーロラ」を
    ちょっと連想させられた。
    上記の作品は恋愛物だが、
    今作は周りにいる人物も
    過去の世界で繋がりがあり、
    過去との因縁も重すぎず
    バランスの良い作品。
    美しい過去になりすぎないのも
    また魅力的である。

  • 前作同様練りこんだネームと世界観がステキ。
    最後どこへ持っていくのか気になります。

  • 1巻だけではいまいち良く分からない。
    絵柄がほんわかしてるので殺しの刺激は少ない

  • 輪廻は廻る糸車。
    クラスメイトたちも因縁がありそう。

  • 既刊2巻

全33件中 1 - 10件を表示

スピリットサークル 01―魂環 (ヤングキングコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

スピリットサークル 01―魂環 (ヤングキングコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スピリットサークル 01―魂環 (ヤングキングコミックス)のKindle版

ツイートする