スピリットサークル 01―魂環 (ヤングキングコミックス)

  • 397人登録
  • 4.20評価
    • (56)
    • (68)
    • (21)
    • (3)
    • (0)
  • 33レビュー
著者 : 水上悟志
  • 少年画報社 (2012年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784785939830

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

スピリットサークル 01―魂環 (ヤングキングコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 絶妙な『重量感』を読み手に与えてくる漫画
    固くなりすぎず、かと言って、ふざけすぎもせず
    画は荒削り、テンポも軽快で、乱暴だったり下品な台詞もあったりする
    だけど、そこに緻密な計算があって、絶妙なバランスを生み出しているのだろう
    水上先生の作品を全て読んでいる訳ではないので、軽はずみな事は言えないが、私はこの『重量感』に一番の魅力を感じるからこそ、先生の作品が好きなのだ、と思う
    カルトな作品を生み出す描き手と言われがちで、それは確かだと納得する部分はあるものの、そこがイイ
    生にも死にも、真正面からぶつかって、生半可な形では描かず、読み手の頭をカチ割ってくるような勢いで訴えてきている
    この作品は『前世』と『生まれ変わり』が根本的なテーマであるようなので、それがかなり強い
    この濃い味は、元々の水上先生のファンにとっても強烈かもしれない
    鉱子の『瞳』はかなり印象に残る・・・何をどう視て来たら、齢14の娘がこんな凛とした芯の通った、あらゆる屈強にも曲がりそうもない信念ある『瞳』になるんだろう
    恐らくっつーか、確実に、今後、前作並みに怒涛の展開になると思われるので、溺れないように注意を払って読まなければ

  • 手塚治虫の「火の鳥」のような輪廻転生の物語。

    感動しました。

  • 輪廻転生というテーマが好きなわたしは惑星のさみだれよりハマれそうな予感!

  • 普通輪廻って言ったら、容姿や性格が似そうなものだけど、どうやらそう単純ではなさそう。善悪とかそういうのを超越したストーリーで実に著者らしい。面白くなりそうで良い。

  • これは辛い。前世で加害者だったり被害者だったり。その時の状況でどちらにもなりうる。一度ではなく複数回の前世。ひとつひとつ思い出していくごとに心にわだかまりができるんではないか?背後霊的存在の言葉は正論。彼らは過去のその人ではなく、現世で新たな生を受け、名をもらった人物。前世は前世、現世は現世。さて、これから数回前世を見なければならない主人公。どうなる? この話、先の展開が見えないわ。

  • 里中満智子の「海のオーロラ」を
    ちょっと連想させられた。
    上記の作品は恋愛物だが、
    今作は周りにいる人物も
    過去の世界で繋がりがあり、
    過去との因縁も重すぎず
    バランスの良い作品。
    美しい過去になりすぎないのも
    また魅力的である。

  • 前作同様練りこんだネームと世界観がステキ。
    最後どこへ持っていくのか気になります。

  • 1巻だけではいまいち良く分からない。
    絵柄がほんわかしてるので殺しの刺激は少ない

  • 輪廻は廻る糸車。
    クラスメイトたちも因縁がありそう。

  • いやー、今作も面白い!
    よく考えるなぁ。
    主人公の人生を追体験して
    主人公と一緒に混乱していく感じがいい

  • 惑星のさみだれからのファンですが水上さんのマンガは面白いですね。過去に色々あった主人公とヒロインの今後の関係がとても気になる第一巻。

  • 主人公・風太が過去世の一つで作った道具・スピリットサークルを使って、転校生の少女・鉱子との因縁を持つ7つの過去世を辿っていく物語。

    全てを視終わった二人の対決シーンが先に描かれていて、鉱子から事情を聞いた後でも分かり合おうとしていた心優しい風太が、どのようにして変わっていくのか気になる。

    スピリットサークルとは何か、登場時4つしか視終わっていない鉱子がなぜ過去世が7つと知っていたのか、因縁の二人以外にも縁者も輪廻転生に巻き込まれているようだが、イーストとルンは何故背後霊となっているのか等々謎を散りばめつつ、テンポよく進んでいくストーリーに一気に引きこまれた。

    少し残念なのが、「老い」が上手く描け無いところか。皺を描き足せば良いってものではないと思うんだが…

  • 一巻を読んだ時点でこれはもう間違いなく傑作だってわかる。スゲー!

  • 今最も信頼しているストーリーテラー。
    一巻の時点ではまだわからないことだらけだけど、この人のストーリーに外れのあるわけがない。続刊に期待。

  • 前世物ですね。

    まだ1巻ということで明らかになってないことだらけ

    わからないことだらけですが面白いのは確かです。

  • 帯はなんかふわふわ軟派な感じですが、中身はさすが水上さん。かっちり締まってます。続きたのしみー。

  • どう着地するのか見物

  • 今作は、主人公が突然転校してきたヒロインに7つの過去世で起こった因縁、死に際まで見せられた上で殺す宣言までされてしまう、そんなところから始まる。
    設定やストーリーに流されることな、キャラクターを立てていくのはさすが水上先生。胡散臭くなく「良い奴」な主人公を作れるのは素晴らしい。ここから揺さぶられていくんだろうけど、その葛藤が楽しみ。

  • 相変わらずの素晴らしさ,安定の水上悟志クオリティである。今回は輪廻もの,しかも七回もある!?まさに因果。

  • 素晴らしい中二病ファンタジー

  • なにこれ面白すぎる。  
    輪廻が巡り、因果はどこまでも。

  • 雑誌連載ではピンと来なかったが1巻くらいまとめて読むとかなり良い! 過去生の話だが、これ、たぶん「歴史」がテーマか。

  • [惑星のさみだれ]の作者の漫画。
    前世を少しずつ思い出して苦しむ感じが、
    アニメのファンタジックチルドレンを思い出してワクワクしました。
    前世での恨みの連鎖を、現世でどう昇華させるのかが期待です。

  • 1巻を読了。「惑星のさみだれ」の水上悟志の最新作。「さみだれ」初期は、なんとなく痛々しい印象でとっつきづらかったが、今回は最初から読みやすく、面白い。設定自体から、物語の無難な落としどころは予想できるが、どのようにそこに持って行くのか非常に楽しみ。最も期待している作家の一人。

全33件中 1 - 25件を表示

スピリットサークル 01―魂環 (ヤングキングコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

スピリットサークル 01―魂環 (ヤングキングコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スピリットサークル 01―魂環 (ヤングキングコミックス)のKindle版

ツイートする