この人はなぜ自分の話ばかりするのか―こっそり他人の正体を読む法則

  • 179人登録
  • 3.11評価
    • (2)
    • (9)
    • (30)
    • (2)
    • (3)
  • 10レビュー
制作 : Jo‐Ellan Dimitrius  冨田 香里 
  • ソニーマガジンズ (2000年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (351ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784789715355

この人はなぜ自分の話ばかりするのか―こっそり他人の正体を読む法則の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人を読むテクニックを事細かに記載している。システマチックに読み方を羅列していくので途中退屈に思えるところもあるが、総じてとても勉強になる内容。普段の生活にこのスキルを取り入れられたら、物事がもっとスムーズに進むのではないか。職場改善のヒントとして使えそうなものがたくさんあり、大きな収穫であった。折に触れて読み返したい本。

  • アメリカで1番有名な陪審コンサルタントの人を読む本。
    なんだか読んでいて犯罪のプロファイリングみたいだなーという印象。
    心理学の分野は今まで読んだことがなかったので、チャレンジしていきましょ。

  • 普段、人間関係のなかにとっぷり漬かっているもがいている己を、すっと引いて、まるで高いところから見下ろすように、客観的に見ることができるようになる。
    それは不思議な感覚だった。

  • 性格を決める3つのポイント
    1→思いやり度
    2→育った環境
    3→人生への満足度

    とにかくよく観察する事!

  • 人を判断する仕事の人にはいい本かも。
    ただ、アメリカ人が書いているので文化的なもので、日本には当てはまらないものもあると思う。
    無意識に人を判断する際に見ていたポイントがたくさん挙げられている。

    例えば、この人はなぜ自分の話ばかりするのかと思ったときにその人がどんな人かを判断する方法が書かれている本なので、長話の人についてのみ書かれているわけではありません。

  • タイトルのような他者の表には見えない心理分析を求めて読んでみたら、逆に他者の心理を環境や状況から自分で読み取りなさいという内容だった。
    それならそれで和訳タイトルを適切に表現して欲しい。

  • 人を読むためのハウツー本である。

    どれも必要な視点を与えているものばかりで、参考になる。

    この視点を持って、実践していくことが大事である。

  • NDC分類: 141.93.

  • タイトルと内容が少しずれているような気がする

  • 人と関わらる上で読んで置くべき本。自分が他人からどう見られてるかもわかりますよ。

全10件中 1 - 10件を表示

この人はなぜ自分の話ばかりするのか―こっそり他人の正体を読む法則を本棚に「読みたい」で登録しているひと

この人はなぜ自分の話ばかりするのか―こっそり他人の正体を読む法則を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

この人はなぜ自分の話ばかりするのか―こっそり他人の正体を読む法則を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

この人はなぜ自分の話ばかりするのか―こっそり他人の正体を読む法則はこんな本です

ツイートする