ユリイカ 2012年12月号 特集=BL(ボーイズラブ)オン・ザ・ラン!

  • 145人登録
  • 3.74評価
    • (7)
    • (8)
    • (10)
    • (2)
    • (0)
  • 7レビュー
  • 青土社 (2012年11月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791702473

ユリイカ 2012年12月号 特集=BL(ボーイズラブ)オン・ザ・ラン!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 特集 ボーイズラブ

    評論
    ・千田有紀「貴腐人、もしくは汚超腐人の密やかな愉しみ」
    ・サンキュータツオ「純愛の証人としてのBL」
    ・守如子「マンガ表現学としてのやおい」
    ・詩文奈「マイBL ヌーベルバーグ派」
    ・福田里香「竹宮恵子の私信まんがコラムとBLセクリアス」
    ・白峰彩子「黄昏詩花館のころ」
    ・石田美紀「成熟と自由」
    ・上田麻由子「ボーイズ・ミュージカル、手にとって触れられるガラスの青春」
    ・前川直哉「見られる男性、見る女性の系譜」
    ・宣政佑「韓国のBL・やおい文化の流れ」
    ・石田仁「数字でみるJUNEとさぶ」
    ・東園子「私のための物語」
    ・堀あきこ「リアルとファンタジー、その狭間で見る夢」
    ・熱田敬子「BL排除からみえた差別と性の享受の委縮」
    ・水戸泉「腐女子が声を上げるとき」
    ・三崎尚人「女性系パロディ同人誌の動向 2008-2012」

    インタビュー
    ・ヤマシタトモコ
    ・雲田はるこ
    ・ARUKU
    ・木原音瀬

    2012年必読BLガイド

  • 長らく積読していたのを読了。

    BL界隈は、このときから多少の変化もありながら、さほど大きな変化は感じられないなあ、という印象。
    刊行ペースから言うと動きが少ない(と感じる)からでしょうか。

    私自身は、腐女子ではないけれどもその画力、表現力、作品の完成度の高さが好きでBLを読んでいる1人であるが、BLの変遷を垣間見ることができて面白かった。

    読んだ中で特に興味を持ったのは、日高ショーコさんがYOUで描いたという水玉パズル。読んでみたい。

  • 衝動買い。これから読む。

  • BL特集である。
    ボーイズラブとかやおいとか腐女子とか、正直未知の領域である。とはいえ、学生時代に風と木の詩なんぞを読んだこともあるので、全く知らないわけでもないし、パタリロにも結構あれなあれがあれだったりするのだが。
    しかし、栗本薫=中島梓がやおい論とか書いているとか知らなんだ。栗本といえば魔界水滸伝とかグイン・サーガだもんなぁ。

  • BLってこんなに間口が広いのかと驚いたわ。

  • どえりゃー読み応え!!<かわいい子には攻めをさせよ> <すね毛革命>名言も多数。

  • BLは後書きか解説しか読まない。BL作家で文章力がすばらしい方が何人もいる。BL以外のものも書いて欲しいと思っていた。特集は,誰の後書きを読めばいいかの参考になった。BLが文学の登竜門として,別の分野へも書き進んで欲しい。例えば栗本薫のように,BLは趣味で書いて,他のものは仕事で書くという書き分けはどうなんだろう。

全7件中 1 - 7件を表示

ユリイカ 2012年12月号 特集=BL(ボーイズラブ)オン・ザ・ラン!に関連する談話室の質問

ユリイカ 2012年12月号 特集=BL(ボーイズラブ)オン・ザ・ラン!を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ユリイカ 2012年12月号 特集=BL(ボーイズラブ)オン・ザ・ラン!を本棚に「積読」で登録しているひと

ユリイカ 2012年12月号 特集=BL(ボーイズラブ)オン・ザ・ラン!はこんな雑誌です

ツイートする