日本語のおかしみ ユーモア文学の笑い

  • 16人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
  • 1レビュー
著者 : 中村明
  • 青土社 (2013年11月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784791767410

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

日本語のおかしみ ユーモア文学の笑いの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本屋読みたい本メモ。

    昭和初期から戦後間もない頃までの文学作品を軸に、作家たちの残したユーモアの軌跡を、その発想と表現の種類ごとに整理して具体例で紹介、そのおかしみをじっくりと味わう(帯抜粋

全1件中 1 - 1件を表示

日本語のおかしみ ユーモア文学の笑いを本棚に「読みたい」で登録しているひと

日本語のおかしみ ユーモア文学の笑いを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本語のおかしみ ユーモア文学の笑いを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本語のおかしみ ユーモア文学の笑いを本棚に「積読」で登録しているひと

日本語のおかしみ ユーモア文学の笑いの作品紹介

昭和初期から戦後間もない頃までの文学作品を軸に、作家たちの遺したユーモアの軌跡を、その発想と表現の種類ごとに整理して具体例で紹介、そのおかしみをじっくりと味わう。文体論・表現研究の第一人者による、日本語と笑いの用例集。

日本語のおかしみ ユーモア文学の笑いはこんな本です

ツイートする