パソコンは買ったときからムダだらけ! (宝島社新書)

  • 26人登録
  • 2.67評価
    • (0)
    • (1)
    • (7)
    • (3)
    • (1)
  • 8レビュー
著者 : 湯浅顕人
  • 宝島社 (2012年1月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796688772

パソコンは買ったときからムダだらけ! (宝島社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 先ずは、使用しないソフトのアンインストール。
    色んなフリーソフトを利用しながら無駄なファイルの削除をすることでパソコンの環境がよくなり、サクサクと軽快になるんだなと知れてよかった。即、実践だね。

  • 消してもいいファイルがあるかもしれない場所は分かったけれど、実際にそのファイルを消してもいいかどうかは分からなかった…。

  • 粛々と書いてあることを実践。後が怖い・・・・

  • 何を思って読みたいと思ったのか忘れたが、図書館で予約していたのがまわってきた。新書スタイルであるが、中身は実用的なムックのよう。パソコンのムダを設定によりなくし、さくさく動かしましょう、という趣旨の本。読み物というより、本書を片手にパソコンの設定を変えるために使うもの。myノートパソコン(WinVista)の設定を変えてみたのだが、気持ちとして早くなった気がする。
    2008年発行のWinxp向け新書を改題改訂し、Win7向けに直したのが本書であるらしい。パソコンの遅さに悩んでいる人は試してみる価値はあると思います。評価が低いのは、myパソは元々速いので、効果が実感できなかったためです。

  • 大手日本メーカーのPCをデフォルト設定で長年使っているユーザーには、良い内容だと思う。
    但し、OS毎に細かいやり方は変わるので、「高速化」などでWeb検索した方が具体的な方法は見つけやすい。

  • 久方のPC本・・
    快適設定にする為の環境が、最新版用でしたが、
    活用出来ることが満載でした。
    まずざ~っとみて、気になるところ以下、
    ウイルス対策を無料化する・クラウドコンピューティングなどをおさえてから、全体を読んでみました。
    以前別の本でみているのにもかかわらず、実行していないこと(タスクバーの配置換えなど)や、
    すでに、実行していることが多々あり、再勉強となりました。
    *SSDとRAID5のHDD・・多少高価であっても、使う価値がありそうです!

  • C0204 評価がちょっと低いのは、例えが寒いのと私にとって既知情報ばかりだったからです。総論ばかりで各論が無いので、初心者には実践できないかと。例えば、フォントの削除なんて、あの説明だと無理です。

  • パソコンを高速に安定して使う上で障害になる「ムダ」を徹底的にそぎ落としていく方法をあまりパソコンに詳しくない人にもわかりやすく紹介している。プリインストールの不要なソフトの削除、勝手に起動するソフトの無効化、過剰な視覚効果をオフにしてシンプル化、ゴミファイルの削除、老廃物の溜まったメモリやCPUの開放の方法など。知ってるものもあればこれは使えそうだなというテクもある。ただ不要なソフトのアンインストールでは、素人には何が不要なのかわからないソフトも多く、結局あまり削除できないという問題がありそう(^_^;)

全8件中 1 - 8件を表示

パソコンは買ったときからムダだらけ! (宝島社新書)はこんな本です

ツイートする