オルキヌス2 稲朽深弦の調停生活 (GA文庫)

  • 27人登録
  • 3.57評価
    • (1)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 鳥羽徹
制作 : 戸部 淑 
  • SBクリエイティブ (2009年7月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797355840

オルキヌス2 稲朽深弦の調停生活 (GA文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 事件もなく平穏なので、誘いにのって遊びに行った…ら
    お願いをされて、解決するため辿っていけば、な状態に。

    遊びに行った先でのお願いが、ここまで発展するとは。
    藁しべ長者状態で、大事になっていくのが
    上流をたどっていくのを思い出せます。

    今回は依頼ではなく、遊びに行った先で、なので
    そのまま自称ライバルとあっちへこっちへ。
    今回は中身が美少女、という設定もほぼ使わず
    単なる着ぐるみな人になってます。
    そしてどんどん、言葉が…乗せるのがうまくなってます。
    こうして経験値積んでいくんだな~とw

    で、腕のあれは脱衣できたのか。
    最期に使った接着剤ははがせたのか。
    どうでもいいところが気になります。

  • 9784797355840 315p 2009・7・31 初版1刷

  • 間抜けな会話とオルカたちの間抜けな生態が面白い

全3件中 1 - 3件を表示

オルキヌス2 稲朽深弦の調停生活 (GA文庫)の作品紹介

「貴女が落とした調停員は自販機の方ですか、それとも人間の方ですか?」「あ、自販機の方で」「深弦、後でぶっ飛ばしますわ…」ケンタウロスとケットシーの調停から一カ月。比較的平穏に過ごしていた新米調停員・稲朽深弦は、ひょんなことから、小さなオルカ・マンドレイクたちと知り合った。彼女たちが問題を抱えていることを聞き、その解決のために奔走し始めた深弦だが、事態はそれほど簡単ではなく悪戦苦闘。おまけに心を読むオルカ・覚まで登場して、話は思わぬ方向に!?駆け出し調停員のネゴシエーション・コメディ第二弾、登場。

オルキヌス2 稲朽深弦の調停生活 (GA文庫)はこんな本です

オルキヌス2 稲朽深弦の調停生活 (GA文庫)のKindle版

ツイートする