潜水艦の戦う技術 現代の「海の忍者」――その実際に迫る (サイエンス・アイ新書)

  • 56人登録
  • 2.88評価
    • (0)
    • (3)
    • (10)
    • (1)
    • (2)
  • 5レビュー
著者 : 山内敏秀
  • SBクリエイティブ (2015年6月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784797381290

潜水艦の戦う技術 現代の「海の忍者」――その実際に迫る (サイエンス・アイ新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • かなり面白かった。
    それぞれの項目をコンパクトにまとめてあるんで情報としては薄いが、その分現代の潜水艦を俯瞰できる。
    特に、航法については興味もった。他に、調べてみたい。

  • 潜水艦の中での赤い照明は、戦闘時は夜目に慣れる時間も待てないためだと分かった。

  • 潜水艦は機密のヴェールに包まれておりなかなか詳しい情報を書きにくいのは分かるのだが、各トピックがあっさりし過ぎていて物足りない。

    その一般に知られていない事柄を1冊にまとめるのは無理がある。歴史、構造、機関、乗組員の生活、武器、戦い方、事故対策、組織と盛りだくさん。

    著者は元艦長なので書きたくても書けなかったコトが多かったのだろう。苦労の跡がうかがえる。

  • 潜水艦の構造や音との関係などが短くまとめられていて面白かった。詳しい人には物足りない内容だろうという印象を受けたが、私は何も知らない素人のため、多くの内容を興味深く読むことが出来た。

全5件中 1 - 5件を表示

潜水艦の戦う技術 現代の「海の忍者」――その実際に迫る (サイエンス・アイ新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

潜水艦の戦う技術 現代の「海の忍者」――その実際に迫る (サイエンス・アイ新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

潜水艦の戦う技術 現代の「海の忍者」――その実際に迫る (サイエンス・アイ新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

潜水艦の戦う技術 現代の「海の忍者」――その実際に迫る (サイエンス・アイ新書)の作品紹介

国土を海に囲まれている日本は、輸出入の99.7%を船に頼っており、海上交通路(シーレーン)を確保できるか否かは、国家の存亡にかかわります。海上交通路の確保に重要な役割を果たすのが、海中を長期間行動できて隠密性が高い潜水艦です。日本に限らず海洋国家の多くが潜水艦を運用しています。また、核保有国の多くは、核弾頭を搭載したミサイルを積んだ原子力潜水艦を抑止力として運用しています。本書では、あまり知られていない潜水艦の秘密を解説していきます。

潜水艦の戦う技術 現代の「海の忍者」――その実際に迫る (サイエンス・アイ新書)はこんな本です

潜水艦の戦う技術 現代の「海の忍者」――その実際に迫る (サイエンス・アイ新書)のKindle版

ツイートする