これだけ! Hou Ren Sou(報連相)

  • 35人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (3)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 野部剛
  • すばる舎 (2013年5月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784799102466

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
OJTソリューシ...
伊賀 泰代
松下 幸之助
中尾 ゆうすけ
川原 慎也
佐々木 圭一
デール カーネギ...
倉持 淳子
有効な右矢印 無効な右矢印

これだけ! Hou Ren Sou(報連相)の感想・レビュー・書評

  • 仕事のミスや失敗は
    コミュニケーションの不足によって、
    起こることが多いモノです。

    当人は伝えたつもり、理解したつもりでも
    実際は意志疎通ができていなかったと言うようなことは
    よくあることです。


    本日ご紹介する本は、

    社内や社外も含めて
    「報連相」をうまく行い
    効率良く仕事を進めるための
    ヒントが書かれた1冊。

    ポイントは
    「すれ違い」

    伝えたつもりが、相手にきちんと伝わっていなかった。
    思い込みで仕事を進めてしまうことは、よくあります。

    すれ違いが起こったまま、仕事が進むと
    必ず後になって、問題が発生するものです。



    「報告」

    コミュニケーションを取る場合に、
    自分が聞く耳を持つこと、
    そして相手に聞く耳を持ってもらうことは
    重要です。

    マメな報告には、単純接触効果があります。

    日頃から、なにかと報告しておくと、
    それだけで、信頼関係が作りやすくなり、
    聞く耳を持ちやすくなります。

    重要なときだけ、じっくり話をするのではなく、
    日頃から、マメに話しをしておきましょう。



    「連絡」

    エビングハウスの忘却曲線という
    人間の記憶に関する実験結果があります。

    人間は聞いたことを
    20分後に42%、1時間後に56%、
    1日経つと74%のことは忘れます。

    1度言ったからと言って、相手が覚えているとは限りません。

    大事なことは何度も確認することが重要です。



    「相談」

    上司も会社の資源です。

    何か困ったことがあったら、
    自分の手段として使うことが重要。

    目標が達成できそうもないのに
    相談もないというのは問題です。


    ぜひ、読んでみてください。



    ◆本から得た気づき◆
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ホウレンソウのうまい組織は、大きな成果を上げている
    コミュニケーション=相手に反応や行動を促すこと=報告・連絡・相談
    ホウレンソウは、チームのメンバーを動かすためのコミュニケーションであり、営業活動の一つ
    依頼した仕事を催促し、思い出させるのは、指示する側の大事な仕事
    マメな報告には、単純接触効果がある=信頼関係が作りやすくなる
    人間は忘れる生き物、大事なことは何度も確認する
    相談でまず大事なのは、メンバーが悩む時間をできるだけ減らすこと
    問題のテーマや状況に合わせた相談相手を用意しておくと、それが「資産」「武器」になる
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ◆目次◆
    第1章 チームに必要なHou Ren Souとは?
    第2章 チームが動く! Hou Ren Souの始め方
    第3章 Hou告が自然に集まるしくみ
    第4章 Ren絡が密になるしかけ
    第5章 Sou談でスッキリ問題解決!
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ◆マインドマップ◆
    http://image02w.seesaawiki.jp/f/2/fujiit0202/ba6c3aa7d80dd6d5.png

  • 報連相についてまとめた本。
    正直、目新しさはないが「うん、確かにそうだよね」と
    思える内容が多い。だが、どれだけの人がこれを本当に実践しているかは甚だ疑問である。報連相だけで一冊にまとめているというのも珍しく(後半は仕事の仕方になっているが)、しかも読みやすいので、報連相が出来ていない人に読んでもらうには凄くよいと思う。

    <メモ>
    ・人は何でもコミュニケーションの問題にする
    ・コミュニケーションは話す量ではなく質
    ・伝えたと伝わったは意味が違う
    ・報告は指示、依頼に対して事実をそのまま伝える事
     連絡は事実情報展開、判断や解釈はケースバイケース
     相談は意見やアドバイスを求める
    ・コミュニケーションが上手く出来ている時は双方発言
    ・何を伝えてほしいかを伝えてから報連相をもらう
    ・リマインドは大切。逆にリマインドされる人は報告タイミングが遅い
    ・事実と憶測は分けて報告
    ・人が行動を継続するにはフィードバックが重要
    ・トラブルは誰がではなく、何があったか。責任追及をすると報告されなくなる
    ・一連の業務には次のアクションが必ずある
    ・エビングハウスの忘却曲線
    ・メンバーに何を言ってもダメ、何度言ってもダメな時は、まず自分の意識を改める
    ・トラブルで一番の問題は情報収集しないこと

  • 目新しさはない。
    フィードバック大事と。

全3件中 1 - 3件を表示

これだけ! Hou Ren Sou(報連相)を本棚に「積読」で登録しているひと

これだけ! Hou Ren Sou(報連相)の作品紹介

チームの風とおしがよくなり、一回りも二回りも大きな成果がついてくる-その秘密は報連相にあった!?報告・連絡・相談の"しくみ"を整えれば、確実にチームの評価は右肩上がり。地味だけど役立つツボ。

これだけ! Hou Ren Sou(報連相)はこんな本です

ツイートする