ヒシカカの妖精神官 (Tairiku novels―裏側の世界シリーズ)

  • 16人登録
  • 3.14評価
    • (0)
    • (1)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 山田ミネコ
制作 : 厦門 潤 
  • 大陸書房 (1991年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784803331899

ヒシカカの妖精神官 (Tairiku novels―裏側の世界シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • そして慌てて逃げて目的地についた後。

    甘い言葉をささやく男には気をつけましょう、という
    わかりやすい例の出来上がり?
    2作目まで、後で出てきた男に持っていかれるので
    多分こやつではないだろうと思ってました。
    が…そんな簡単でいいのか。

    登場人物の数でいえば、そうだろうとは思いましたが
    予想通りというか、お約束。
    予測がしやすいので、安心して読める、というのはあります。
    主人公の行動が突飛ですが。
    いやでも、相手の要求をのんでしまうというか
    そこまでかけられるものがあるのは、人生において
    幸せなのかもしれませんけど。

    突っ込みたいのは、ミサイル。
    あれはなくなると当然始末書があるのではないかと。
    突如なくなったミサイル。
    一体どこへ消えたのでしょうか?w

  • 『ヒシカカの竜騎士』の続き。
    長髪美形キャラてんこ盛りの少女マンガを文字にするとこうなるんだなぁ…。

全2件中 1 - 2件を表示

山田ミネコの作品一覧

山田ミネコの作品ランキング・新刊情報

ヒシカカの妖精神官 (Tairiku novels―裏側の世界シリーズ)はこんな本です

ツイートする