トリスタンとイズー

  • 22人登録
  • 3.56評価
    • (3)
    • (0)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Rosemary Sutcliff  井辻 朱美 
  • 沖積舎 (1989年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784806030430

トリスタンとイズーの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「イズー」と「イゾルデ」とどっちが正しいのでしょうね?
    スペル見ると「Iseult」ですけど、変換もイゾルデはスッと出たけどイズーは範囲指定し直さないと出なかったです。
    どっちでもいいといえばいいんだけどちょっと気になる。

    「トリスタンとイズー(イゾルデだったかも)」はむかーし読んだことあるんですよ。誰が書いたやつか忘れてしまいましたけど。
    で、そしたら当然のことながら愛の薬が出てくるんですよね。
    その本でのトリスタンとイズーは気が合わないのか、まーとにかく仲が悪いのです。徹頭徹尾、寄ると触るといがみ合ってばっかり。イゾルデは身内を殺された恨みがあるからまだしも、トリスタンまで真に受けてどうするよーて。とにかく性が合わないとしか思えない不仲ぶり。
    そ・れ・が!間違って薬を飲んだ途端、お互いが熱烈に相手を慕い出すのです。その豹変ぶりと来たらこちらが薄ら寒くなるほどに。
    で、そこから先はなんだかんだと熱ーい口説き文句を言い合うわけですよ。
    でもこっちからすると「それ薬のせいやん!」としか思えないわけです(´。`)。
    どれだけ相手を思ってるかとか熱烈にかき口説いても「ああ薬飲んだしな」て思ってしまって、最後の悲劇がなんだかちゃちに感じて仕方なかったです。だってねえ…?薬に踊らされてるだけでこの騒ぎか…て。
    で、このサトクリフの本ですけど、昔読んだときに私がこだわってしまって仕方なかったこの愛の薬という小道具を消してしまってます。
    前書きの中に「彼らの中に存在していた生々しいものを人工的なものに変えてしまうような気がするので削除した」、と書かれています。
    小躍りしましたよ~。
    お陰でこちらを私にとっての「トリスタンとイズー」の定番にしたくなるくらいにおもしろく読めました。だって自然なんだもの。
    イズーが最初の登場シーンでみせた我の強さ、矜持とも言えるのでしょうけど、しばらくイズーのその性質が表立って書かれることはないもののそれこそが彼女の本質でもあって、結果それが最後の悲劇につながるところはお見事でした。

全1件中 1 - 1件を表示

トリスタンとイズーのペーパーバック

トリスタンとイズーの学校

トリスタンとイズーの図書館

ツイートする