日本全国ゆるゆる神社の旅 (Sanctuary books)

  • 189人登録
  • 3.11評価
    • (4)
    • (15)
    • (43)
    • (11)
    • (2)
  • 30レビュー
著者 : 鈴木さちこ
  • サンクチュアリ出版 (2010年10月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861139475

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
たかぎ なおこ
村上 春樹
村上 春樹
小池 龍之介
東野 圭吾
たかぎ なおこ
久住 昌之
有効な右矢印 無効な右矢印

日本全国ゆるゆる神社の旅 (Sanctuary books)の感想・レビュー・書評

  • 旅レポとしては大変良いと思う。
    絵もかわいいし、読みやすい。

    ただ、しょっちゅう出てくる
    『パワーを感じる!』
    『神様に私の声が届いたに違いない』
    『わたし今素直になってる!』
     …なんか受け付けない…。

    個人の受け取り方次第だと思います。

  •  俗に見える人ではない見えない人の神社巡り見えても見えなくても同じようだがその違いはやはり大きい。

  • 日本全国の神社のお話。知らない神社もあって、行きたい所探しのお供に。

  • タイトル通りゆるゆるしている(笑)著者が自分で決めたテーマ通りに神社めぐりをした記録だが、こんな神社の巡り方もあるのかと、神社好きには面白い一冊だった。ただ、「~~なパワーを感じる」とか「~~な空気に包まれている」とか少々スピリチュアルな印象もあり、そっち系が苦手な人には抵抗があるかも。

  • ゆるい絵。とても神社に行きたくなりました。
    癒されに、パワーをもらいに、女子っぽい楽しみ方をしている作者さん。まさにゆるゆる旅。

  • 今度旅行に行くのでその参考にと図書館で借りました。
    楽しいし、歴史的なこともわかるし旅の参考にはなるけど、なんだろう。
    他の方も書いているようにご利益とか心が洗われるとか言い過ぎて逆に信じられないところも。
    その後どうなったの?と思うことも。
    あと日本全国のわりに日本全国ではなかった。

  • せっかくそれぞれの神社の特徴やかわいいお守りなどをわかりやすく紹介しているのに、感想が「素直になってる」「パワーをもらっている」と毎回同じ台詞なので、興ざめする。それに、著者が「ご利益!」とがっついている割には同行者が「神社に興味がないのに無理矢理連れてこられました感」が出ていて、それもかわいそう。

  • ホクトのきのこちゃんたちのイラストレーターさんとは知らず…やはり絵が癒されます。
    これから旅する時、神社にふらり立ち寄りたくなる予感。
    祀られてる神様についても知りたくなりそう。

  • 朱印帳に凝りだしたので、読みやすそうなコレを購入。
    クスッと笑える場面もあり、歴史のことも解説してくれて、けっこう楽しめる。

  • ありそうであまりない、女性向けの神社巡りのイラストコミックエッセイ。
    お寺はなく、神社だけに的を絞っているため、日本のあちこちを巡っていても、煩雑感はありません。

    縁結びや厄落としといったはっきりしたテーマに沿って、女性の希望を叶えてくれる場所を紹介しています。
    かわいいイラストに心が和みますし、掲載されている神社に割と訪れているため、身近な感覚で読めますし、等身大の女性の幸せ祈願なので、肩肘張らずに読み進められます。

    貴船神社は絵馬発祥の地とのこと。訪れていても気づかなかった情報もあるものです。

    須賀神社の懸想文売りは、どこかモロッコの水売りを連想させる格好をしていました。
    節分には実際に懸想文売りが登場するとのこと。会ってみたいものです。

    神無月のホスト役はオオクニヌシだというのも初めて知りました。
    考えてみれば、出雲大社の主祭神なのですから、迎える側というわけですね。
    ぜんざいは出雲発祥なんだそうです。

    熊野那智大社には胎内くぐりがあるとのこと。これも気が付かなかったので、次に訪れた際には試してみたいと思います。
    日本では、川の世界遺産は熊野だけだとのこと。
    神社の情報だけでなく、さまざまな予備的知識も得られた本でした。
    また、プチ鉄子というだけあって、ちょこちょこと鉄道情報が載っているのも楽しく思いました。
    ANAの冊子にもページを持っているという著者。ほかの本も読んでみたいです。

  • 2013年6月2日

    ブックデザイン/清水肇+五十嵐ユミ(プリグラフィックス)

  • 旅行エッセイと言った風体でしょうか。

    ご利益ご利益~とミーハーっぽい感じもしますが、これも一種の楽しみ方なので良いと思います。

    紹介されている神社に興味を持てましたし^^

    神社はもちろんのこと、その周辺の美味しいものにもそそられました☆

    こんな風に気楽に神社巡りをするのも良いですね!

    (中央図書館)

  • かわいいイラストと共に女子向けの神社巡りを紹介。まずは江ノ島に行くかな~

  • マンガですごく読みやすい神社本。紹介されている神社に行ってみたくなる。

  • 女子の神社巡り漫画エッセイ。ゆるめで軽いので、読んでいる時の体調と気分によって、その様子が気楽だったりうざかったりした。

  • コミックエッセイ好きなんです。
    神社巡りのいろんなコースが紹介してあり参考になります。
    出雲のプランは真似したい!
    武田信玄の神社も気になりました。

  • ゆるっとした感じの、神社巡りエッセーです。
    ふわーっとした気分で読めました&記紀の再読もしたくなりました。

    とりあえず、出雲大社や高千穂神社に行きたくなりましたよっと。

  •  神社が好きなので店頭でふらりと手にとりました。
     本の厚さとまんがの密度から言えば「日本全国」はちと大げさな感じでしょうか。私は美肌とかのご利益はあんまり気にしない神社好きなので目的の違いは否めないかと。好きなところは神社の豆知識と周辺のお土産とグルメのところです。神社のお楽しみはその周辺もあるのです。御朱印は貰った事ないけどちょっと興味湧いてきました。

  • 神社に行きたくなる一冊。

  • 漫画なのですぐに読めちゃう。
    とにかくウサギの神社「調神社」が気になります。
    同じ旅行をしたいと思った。

  • とても読みやすく神社に行きたくなる
    神社は様々なテーマで参拝できるところだと感じた
    由来などが中途半端な解説で残念

  • いくら流行っているからって…
    パワースポットとか神社とかに安易に出かけて行って「カワイイお守りget!」とか「すっごいパワーを感じる~」とか、いいのだろうか???という疑問が湧いてしまいます。
    本自体は面白いけど、なんか違うんじゃないか?

  • クスッと笑えるところもあり,旅のお供としても使えそうです。
    私は図書館で借りて読みましたが,掲載神社に行くことになったら
    購入しようかな。
    著者には続編を期待します。

  • 本当にゆるかったが、どこにどんな神社があるかわかった。
    娘も行ってみたいところが複数あるらしく、連れて行けとねだられた。

  • また寺社めぐりに行きたくなった。

全30件中 1 - 25件を表示

日本全国ゆるゆる神社の旅 (Sanctuary books)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

日本全国ゆるゆる神社の旅 (Sanctuary books)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本全国ゆるゆる神社の旅 (Sanctuary books)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本全国ゆるゆる神社の旅 (Sanctuary books)を本棚に「積読」で登録しているひと

日本全国ゆるゆる神社の旅 (Sanctuary books)はこんな本です

日本全国ゆるゆる神社の旅 (Sanctuary books)のKindle版

ツイートする