セイント・ビースト―起源 ORIGIN 限定版 (フィリア文庫)

  • 38人登録
  • 3.48評価
    • (5)
    • (5)
    • (16)
    • (0)
    • (1)
  • 8レビュー
著者 : 有栖川ケイ
制作 : あさぎ 桜 
  • フロンティアワークス (2007年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861341779

セイント・ビースト―起源 ORIGIN 限定版 (フィリア文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小説セイント・ビースト第一巻。
    ドラマCDでは省略されていた妖樹の話、
    またクロノスに従えていた天使の虐殺を描き、
    新たにルシファーやガブリエルが登場し、
    ドラマCD2巻までの内容を収録している。

    ドラマCDを全部聞いた上で、読んだのだけれど
    ユダ視線とのことで、キャラクターの思いが分散する
    ドラマCDとは違い、ユダの神に対する忠誠心の揺らぎや
    苦悩が色濃く書かれている。
    ゼウスはドラマCDよりも加筆されたエピソードのせいか
    シリーズ後半の傲慢さになっている印象を受ける。
    これから辛い未来が待ち受けているのを、
    知っているけれど、せめて仲間とともに過ごす、
    安らぎのひとときを少しでも描いてほしい。

    ただ現行のドラマCDでキャラの顔を把握している分には
    全く問題ないのだろうけど、初めて作品に触れる人は
    最初に顔と紹介が掲載してあるとはいえ、
    登場人物が多く把握しにくそうな気がする。

  • □2007年3月31日発売
    ■フロンティアワークス・フィリア文庫
     ミニドラマCD付き限定版

    □作:有栖川ケイ
     イラスト:あさぎ桜

    ■スペシャルミニドラマ 番外編「天空城の秘密」
    □CAST
     麒麟のユダ:石田 彰
     玄武のシン:桜井孝宏
     白虎のガイ:吉野裕行

    ◆WEBラジオで石田さんがコメントしてたのを聞いて
      どうしても欲しくかったんです。この限定版。
      でも知った時は発売日をとうに過ぎてて探してもなく…。
      色々探してアニメイト通販で見つけて購入しました♪
      ユダとシンがBLをにおわせる会話をしてるのが聴き所?(笑)

  • 友達に借りたんだ〜・・・全っ然面白くないんだけど どうしよう こんなになんの感銘も受けない本は初めてだよ・・・むかつくとかそういう感想も無く説明書とかキャラ設定とか、そういうのを延々と読んでいるみたいな気になる。なんでー・・・?

  • ドラマCD沿い。とは言ってもCD全然覚えてないので、ぼんやりと「あ〜そんな内容だったよね」みたいな。
    内容的には、やっぱり腐女子向けかなと思うけれども、BLとは呼びにくい。
    なので人から「何読んでるの」と聞かれると少し困ってしまうかも(笑)
    SBが純粋に好きなら、ドラマCD(音)では感じ取れなかった部分もあると思うし、普通に楽しめると思う。

  • ユダが目立ちすぎ、シヴァ可哀想(両方褒め言葉)

  • つい限定版を買ってしまったwアニメの原作版と思いきや、ところどころ違うね♪

全8件中 1 - 8件を表示

セイント・ビースト―起源 ORIGIN 限定版 (フィリア文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

セイント・ビースト―起源 ORIGIN 限定版 (フィリア文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

セイント・ビースト―起源 ORIGIN 限定版 (フィリア文庫)はこんな本です

ツイートする