マンゴーとバナナ―まめじかカンチルのおはなし (アジア・アフリカ絵本シリーズ―インド)

  • 24人登録
  • 3.40評価
    • (1)
    • (2)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
制作 : T. バラジ  Nathan Kumar Scott  T. Balaji  なかがわ ちひろ 
  • アートン (2006年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784861930324

マンゴーとバナナ―まめじかカンチルのおはなし (アジア・アフリカ絵本シリーズ―インド)の感想・レビュー・書評

  • 食べ物探しがめんどうになったまめじかのカンチルとさるのモニュは、人間のようにくだものの木を育てて食べ物を得ようとします。そして実がなるとさるのモニュが木に登ってくだものを取ってくれたのですが…(約10分)

  • ★★★★★
    かしこいマメジカのカンチルとわがままだけどにくめないおさるのモニェ。
    バナナの木とマンゴーの木を植えて、おいしそうな実がたくさんなりましたが。。

    お話と語り口のユニークさが読み聞かせにおすすめ。
    絵もインドネシア伝統の染物を印刷したもの。美しい。
    マメジカはシカではないんだ!というビックリも。
    (まっきー)

  • 約束は守ろうね、と思う本。

  • インドネシアの昔話にインドの伝統染色芸術(カラムカリ)で染めた絵が使われています。
    渋めの色味に、デザイン化された絵が、昔話にマッチ。意外と遠目がききます。

    お話がとても面白く、りこうもののカンチルの知恵が生きています。
    テキストの語り口もよく、読みやすいです。
    問いかけるような言葉があるので、子どもを引き込みやすいかな。
    長いわりには、集中して聞いていました。3年生。

    実際のまめじかの写真と、絵の違いを見比べさせるのも一興です。

    10分足らず。

    最後に、「仲直りできたかな〜」とやけに心配する子がいたのが印象的。
    「友達だから、大丈夫だよ」と答えました。

  • 絵本の絵が味があってよい!花のブツブツ感、動物の憎たらしくもあり愛らしくもある顔とか…中々楽しめます♪

  • 食べ物探しがめんどうな、まめじかカンチルとさるのモニェの2匹は好きな果物の木を植えて育てる事にしました。
    2匹の知恵比べのお話です。

全7件中 1 - 7件を表示

マンゴーとバナナ―まめじかカンチルのおはなし (アジア・アフリカ絵本シリーズ―インド)はこんな本です

ツイートする