反社会的勢力 (新書y)

  • 31人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (2)
    • (7)
    • (2)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 夏原武
  • 洋泉社 (2011年12月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862488558

反社会的勢力 (新書y)の感想・レビュー・書評

  • 反社会的勢力、いわゆる暴力団について書いた一冊。
    一部半グレなどもあるものの、その辺の線引きはあまり明確にはしてない。

    踏み込みが足りないので学術的価値があるかというと?だけど、「暴力団って何?」という人にとっては勉強になるかと。

  • <内容>
    反社会的勢力がどのような存在であるかを当事者インタビューを踏まえて記述。将来的に反社会的勢力がどうなるかを考察する

    <感想>
    暴力団以外にも、半グレなどにも言及している。
    しかしながら、内容は他の作品と同じ。

  • 実際に反社会的勢力にインタビューをして、それを基に著者なりの考察を加えて論を進めているので、安定している感じがありました。暴力団排除条例施行についての問題点をわかりやすく解説しています。

  • 総論に関しては特段目新しい情報はなし。

    「第三章 特殊知的能力 ー ブローキングの実態」は参考になった。特に産業廃棄物ブローキング。

  • わかりやすい。暴排条例施行の意味や背景、社会と暴力団の関係の変化など。組員、警察、一般人などそれぞれの目線があっていい。角界の野球賭博、八百長、六代目の出所、紳助問題…一連の動きが絡み合いながら、ときに意図的に暴力団イメージが醸成されてきていると。

全5件中 1 - 5件を表示
ツイートする