ぱら☆いぞ1 (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)

  • 695人登録
  • 4.12評価
    • (96)
    • (67)
    • (54)
    • (8)
    • (0)
  • 64レビュー
著者 : 道満晴明
  • ワニマガジン社 (2011年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (134ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862691583

ぱら☆いぞ1 (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 全編シモネタ―――( ゚∀°)―――!!

    でも、ぜんぜんいやらしくない、むしろ爽やか!w

    道満晴明さんのキャラすげ〜

  • 不条理と言うよりも、登場人物ほぼ全員の頭のねじが吹っ飛んでおり
    ついでに下ネタ回路が熱暴走を起こしているので、描かれているのは
    さながらピンク色のゴッサムシティで繰り広げられる笑いの攻防。

    1巻は割と多様なキャラが出てきて、全話ピンク色ながら多様性があり
    2巻は、1巻のキャラが卒業してほぼ不在。という珍しい事態により
    人間かどうかが怪しい呪田四姉や、スケバンのリーダーそして
    猥談・BL特化のおちけん部員達を中心とした話が多く、各キャラ毎に見ごたえがある。
    1巻と2巻で多少雰囲気が違うんだけど、これがまた味である。

    成年誌のパロディネタもそこそこあり、それにより
    ・・・いや、よらずとも伏字がとても多く
    更に一捻り加えた、知的エロス(?)の様なお話もあるので
    単なるエロスを求めて読むと多分速攻で投げだす事になると思う。
    そう、読み進めるうちにこう気づくだろう。
    これは変態上級者が読み集うパライゾと言う名の隔離施設である。と。

  • やばい・・・やばいよこれ・・・

  • 愛を込めて!敢えて言おう!下品であると!!

  • シモネタ満載の酷道い四コマ。

    高評価を見て見てみたのだが、
    シモネタがそれ以上のものになっていなくって、もう、シモネタのためのシモネタというか、ある意味潔いのだが、
    残念。ついていけなかった。

    1冊まるごと読むと食傷です。

  • 成人コミックだとあまり好きな作家ではなかったが、この作品は別。シュールエログロとい新しいジャンルの作品だと思っている。絵はデフォルメタッチなのでエロさはないです。

    全てのキャラクターが魅力的。

  • 「『下ネタ』虎の巻」

    「下ネタ」の応用力の高さに、笑いを通り越して感心してしまう作品。きっと作者の目には、政治も経済も宗教も、世の中のあらゆる事象が「下ネタ」として映っているのでしょう。「女子高生の日常」を世界観に繰り出される4コマギャグ(全て「下ネタ」)は単行本1冊につき、怒涛の約300題。2巻では「あずまんが大王」のキャラクターも参戦。同じ「女子高生の日常」を世界観としながら、対極に位置する作品同士のコラボレーションは必見です。内容に反して絵柄は淡白で、際どい描写もデフォルメされており、時に不謹慎と思えるネタですら、不思議と許せてしまう独特の魅力があります。飲み会の前に読んでいけば、色々な意味で一目置かれるかも!?(小谷中宏太)

  • 凄いブッ飛んでるなと感じました。結構面白いけど害虫オナホの意味がわかりませんでした

  • 最低で最高!

  • 変態度の高いキャラクターほど何の迷いもない目をしていて、
    つまり変態欲求に対して非常に純真で、つまりヤバい子ほど可愛い謎世界。

    何度読み返しても、呪田さんの可愛さは異常です。

全64件中 1 - 10件を表示

道満晴明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
久住 昌之
平野 耕太
有効な右矢印 無効な右矢印

ぱら☆いぞ1 (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ぱら☆いぞ1 (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ぱら☆いぞ1 (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)を本棚に「積読」で登録しているひと

ぱら☆いぞ1 (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL)のKindle版

ツイートする