狂気のススメ 常識を打ち破る吉田松陰の教え

  • 25人登録
  • 4.25評価
    • (5)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 大杉学
  • 総合法令出版 (2014年10月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862804242

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
ジェームズ アレ...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

狂気のススメ 常識を打ち破る吉田松陰の教えの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初めて吉田松陰の本を読んだ。


    世のため人のため、社会のために自分を使え。
    そのために幅広い書物を読み、人の意見を聞き、自分を高めて徳の人格を持て。


    という考え方は稲盛和夫の「生き方」と全く同じ。


    変な自己啓発本読むくらいなら、やっぱり過去の偉人の考え方を学ぶ方が参考になる。


    ただ、著者が変に吉田松陰の考えに傾倒しているのが残念。著者の解釈も必要だが、あんまり賞賛しすぎるような表現は控えて欲しかった。

  • 松陰が書いた言葉そのものも載せてほしかった。やはり先人の言葉には、言霊があるのだから、原文に触れたい。原文こそ伝わるものがある。

  • 心とか徳とか、人間の根幹に関わる部分が、どのような目標を達成する場合にも重要になってくる。リーダー(書中では、英雄となっているが、あえて)に対して、1)欲を抑えること、2)怒りを抑えること、の工夫が必要であると説いている。1)は比較的容易であるが、2)は難しい、と感じていたようだ。なるほど。

全3件中 1 - 3件を表示

狂気のススメ 常識を打ち破る吉田松陰の教えの作品紹介

「狂う」とは、自分でも持て余してしまうような「情熱」のことである。脱藩、密航(未遂)、度重なる入獄、弟子と絶縁。自らを「狂愚」と名乗り、破天荒に生きた吉田松陰の熱き言葉。

狂気のススメ 常識を打ち破る吉田松陰の教えはこんな本です

ツイートする