艶縛―軍靴の蹂躙 (ARLES NOVELS)

  • 71人登録
  • 3.69評価
    • (4)
    • (12)
    • (13)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : 朝南 かつみ 
  • ワンツーマガジン社 (2009年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862961419

艶縛―軍靴の蹂躙 (ARLES NOVELS)の感想・レビュー・書評

  • BL部分以外が、読みごたえあってとても良かったです
    受けは元男爵家の近衛将校
    読み始めは、天然おばか受けの印象だったけど、実はめちゃくちゃかっこいい
    でもやっぱりちょっと抜けてて、憎めないキャラです
    そして脇キャラの後藤中尉が良かった

    今回も朝南さんの挿絵、素晴らしかったです

    軍隊モノに目覚めつつある今日この頃

  • 朝南さんのイラストで軍服って、ズルイと思う。
    もう表紙だけでずきゅーん☆、口絵でばきゅーん☆やられっぱなし。
    バーバラさんのチクビプレイ描写と相まって、鼻血いっぱい出そうでした。

    受け、美人で気品高く、上官としても優秀で厳しいのに、片付けが
    苦手だったりおちゃめなポイントもあり、部下を始めとする周囲が
    何だかんだとちやほや世話をやいたりしてるのが笑える。
    正義感も強いがゆえ、自分の身を危うくしてるんだけど、そこも
    また彼の魅力かと。


    攻めは受けの秘密の行動を取り締まる役目にありながら、黙っている
    変わりに体を要求する。最低だ最低だといいつつ、良いように体を
    開かれていく受けを、実は全編通じて守っております。
    守ってるけど言葉攻めチクビ攻め。最高です(笑。

    口絵にもある、糸巻きチクビプレイ、どうぞご堪能ください。
    (チクビチクビとこればっかだな 笑)

  • さすがエロ片桐さま。
    乳首プレイとかがよかった。

  • バーバラさんの軍服3冊まとめ買い1

  • わーい。バーバラさんの軍服シリーズがでました!!ネットで発売をチェックして、書店へ走りました。が、5タイトル発売なのに、2タイトルしか書棚に並んでない。しかも、バーバラさんの本が置いてない!!「…ありえないんですけど。あー、他の書店を回らないとダメか」と諦めつつ、ふと見ると、目の前の少女漫画コーナーに、店員さんが作業途中で放置したブックトラックが…。ええ、近付きましたとも。いくつか平積みにされていたトラックの下段に、見覚えのある出版社名が。上から数冊分をずらして見て発見です。「あった〜!!」もう超素早くカゴに入れてレジへ向かいましたとも。ああ、良かった。

全6件中 1 - 6件を表示

艶縛―軍靴の蹂躙 (ARLES NOVELS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする