エルサレム・クロック―イスラエルの春夏秋冬 (私のとっておき)

  • 51人登録
  • 3.64評価
    • (3)
    • (10)
    • (8)
    • (0)
    • (1)
  • 9レビュー
著者 : 大桑千花
  • 産業編集センター (2008年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (149ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784863110151

エルサレム・クロック―イスラエルの春夏秋冬 (私のとっておき)の感想・レビュー・書評

  • イスラエル、と言われると宗教問題や政治関係の話題ばかりでギスギスしたイメージが強かったのですが、この本を読んでびっくりしました。
    季節毎の行事を丁寧に説明しながら、この国に生きる人々を描いています。
    複雑な事情には敢えて触れない。
    過激なエピソードはどうしても色眼鏡が邪魔をしてしまうからこそ、暮らしをフラットな目で描く、この目線がいいですよね。
    無駄に夢が詰まってる感じもなく、日常に触れられるこの温度感がちょうどいい。

    猫のエピソードもとても素敵。住民登録ならぬ住猫登録が必要なのですね。
    国も環境も関係なくのびのび生きる猫たちの姿に、なんだか希望を感じます。

  • 写真が綺麗。エルサレムに行って写真撮りたくなった。

  • 写真がとても綺麗です。

  • エルサレムに住んでいた著者がイスラエルを四季に分けて紹介した本。
    イスラムやユダヤの行事の様子や、ユダヤの中でも宗派の違うエリア、食べ物など、あまり知ることのないことが写真付きで紹介されてて面白い。

  • 行きたくなる〜

    なんとなく危険そうなエルサレム
    ユダヤ教の総本山

    ねこかわいい

    写真きれい

  • エルサレムと聞いて想像するのは、中東での孤立したユダヤの町、
    宗教対立の町、抹香くさい古の町、嘆きの壁などである。
    この本は写真と楽しいエッセイで、現在進行形のエルサレムの衣食住を見せてくれる。
    自生のシクラメンとアネモネが咲く春の死海リゾートに行ってみたい!

  • ニュースで何かと話題のエルサレムですが、そんなエルサレムを観光すると・・・という視点で書かれています。死海などリゾート地としてのエルサレムや宗教のメッカのしてのエルサレム。ユダヤ教としての街並みやそんなのお構いなしの屋台の風景など、たくさんの魅力を写真と文で感じさせてくれます。
    複雑な国ですが、この本の中には知らんなかった文化や雰囲気がたくさん書かれてあり、とっても素敵な国だと思いました。

    この本を読んでエルサレムは、問題が多い危ない国というイメージから、いつか行ってみたい国に変えてくれました。

  • エルサレム行ってみたい!
    ちょっと怖い雰囲気の街なのかなと思っていたけど、のんびりとした日常の街みたい。やっぱり行ってみたい。

  • この『私のとっておき』シリーズの本、好きだ。
    ひとつの土地を、その土地に詳しい女性が現地に近い視点で紹介する一風変わった旅行ガイドで、選択される場所がおもしろい。
    今回はエルサレム、中東イスラエルだ。
    紛争の耐えないこの国は、日本では観光地としてメジャーとは言えない。そんな国を、フォトグラファーでもある著者の美しい写真と文章で紹介する。
    体言止めをやたらめったらに使用する文章には正直辟易したけれど、写真はどれも雰囲気があって素晴らしい。
    イスラエルという国についてほとんど知識がないためか、現地の宗教の問題や独特の文化など、読んでいておもしろかった。情勢が安定するまでにはまだまだ時間がかかりそうだけれど、いつか死海に浮かんでみたい。

全9件中 1 - 9件を表示

エルサレム・クロック―イスラエルの春夏秋冬 (私のとっておき)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

エルサレム・クロック―イスラエルの春夏秋冬 (私のとっておき)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

エルサレム・クロック―イスラエルの春夏秋冬 (私のとっておき)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

エルサレム・クロック―イスラエルの春夏秋冬 (私のとっておき)はこんな本です

ツイートする