風流ここに至れり

  • 11人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 玄侑宗久
  • 幻戯書房 (2014年11月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784864880619

風流ここに至れりの感想・レビュー・書評

  • P187「余白の美」
    禅宗では修行者の指導に当たる人を「老師」と呼ぶ。
    若くても免許皆伝なら皆「老師」。
    人は若い頃に獲得したものを
    「老」とともにどんどん喪失していく。
    それが禅の道場で、指導者を
    「老師」と呼ぶ所以である。
    道場で雲水がしていることは
    あらゆるものを喪失する体験。
    通常は「老」衰によって失うべきものを
    雲水たちは修行によって無理矢理に奪われる。
    新たな価値観の体得者こそ「老師」なのである。
    「老」を先取りした人、とも言える。

全2件中 1 - 2件を表示

風流ここに至れりを本棚に「読みたい」で登録しているひと

風流ここに至れりを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

風流ここに至れりを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

風流ここに至れりを本棚に「積読」で登録しているひと

風流ここに至れりの作品紹介

流動し続ける現実に、文学は、宗教は、どう向き合うのか。福島県三春町在住の僧侶・作家による、十年以上にわたる「風流」=「ゆらぎ」の軌跡と禅のエッセンス。「今」にゆらぎながら、常に重心を取り直す禅の智慧。

風流ここに至れりはこんな本です

ツイートする