タヌキとキツネ 2 (リラクトコミックス)

  • 91人登録
  • 4.80評価
    • (12)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : アタモト
  • フロンティアワークス (2017年5月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784866570006

タヌキとキツネ 2 (リラクトコミックス)の感想・レビュー・書評

  • よく見たらタヌキは身体の模様や色が違うんだね。
    タヌキは毎回違っているのかもと思ったけど、常にキツネと一緒にいるタヌキは同じタヌキなのか。

    2巻になってからキツネの眉間にシワが寄ることが多くなったね。

    あの おにぎり とか まんじゅう は誰が用意してるんだろう?
    かと思えば普通に果物とかも備蓄してるみたいだし。
    実は、キツネもタヌキも聖獣とか神獣の類(つまり稲荷とか化け狸)で、あの場所は鳥居をくぐった先の異界、アレはお供え物だったりするのではなかろうか?

  • くまさんやオオカミさんも出てきてますます可愛さが増してます!
    タヌキとキツネ、2匹の関係性がとっても微笑ましい~!

  • Twitterで毎日新作を更新されていらっしゃる発想力とパワーを応援したくて購入。小さな頃の二匹の描き下ろしが今回もあるので一ページずつ眺める嬉しさはひとしおです。本だとタヌキもキツネも意外と喋りますし、アタモトさんのイラストのタッチやどこまでも伸びるタヌキがひたすら可愛い。キツネの眉間のシワはウサビッチのキレネンコを思い出させてくれます(個人的意見)キツネの怒りは往々にして「タヌキをいじっていいのは自分だけ」の独占欲によるものなので見てて微笑ましいです。二匹にお菓子あげたくなります。

  • 2匹の間に当たり前にある信頼感に堪らない気持ちになります。
    1巻で描かれた出会いからこの2巻現在まで、全てのやりとりと過ごした時間が2匹の関係をかけがえのないものにしたのだなぁと感じました。

  • チビタヌキとチビキツネのエピソードもあり。
    今よりキツネが優しい。

全6件中 1 - 6件を表示

タヌキとキツネ 2 (リラクトコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

タヌキとキツネ 2 (リラクトコミックス)はこんなマンガです

ツイートする