10+1 No.43 特集 都市景観スタディ―いまなにが問題なのか?

  • 20人登録
  • 3.20評価
    • (1)
    • (0)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 五十嵐太郎  メディア・デザイン研究所  今村創平  斉藤理  坂牛卓  吉村靖孝  若林幹夫  木下剛  石川初  磯崎新  石山修武 
  • INAXo (2006年7月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872751352

10+1 No.43 特集 都市景観スタディ―いまなにが問題なのか?の感想・レビュー・書評

  • タイトル通り、景観についての記事が多かった。

    その中で隈研吾が言う、
    「景観の現在 グローバリゼーションの変容」
    表参道の建築や景観の有り様は、
    建築のグローバル化と表参道現象のスパーク
    らしい。

    磯崎新のオリンピック2016の博多湾モデル
    は、へえ。って感じ。

    「となりの超高層」
    では、
    羽田空港の高層化、品川の1000mビルのシミュレーション、ハイパー・スパイラル・プロジェクト


    仙台の卸町の国際WSを大野秀敏が紹介している。

全1件中 1 - 1件を表示

10+1 No.43 特集 都市景観スタディ―いまなにが問題なのか?を本棚に「読みたい」で登録しているひと

10+1 No.43 特集 都市景観スタディ―いまなにが問題なのか?を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

10+1 No.43 特集 都市景観スタディ―いまなにが問題なのか?を本棚に「積読」で登録しているひと

10+1 No.43 特集 都市景観スタディ―いまなにが問題なのか?はこんな本です

ツイートする