イラク・湾岸戦争の子どもたち―劣化ウラン弾は何をもたらしたか

  • 23人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 森住卓
  • 高文研 (2002年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784874982815

イラク・湾岸戦争の子どもたち―劣化ウラン弾は何をもたらしたかの感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

イラク・湾岸戦争の子どもたち―劣化ウラン弾は何をもたらしたかを本棚に「読みたい」で登録しているひと

イラク・湾岸戦争の子どもたち―劣化ウラン弾は何をもたらしたかを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

イラク・湾岸戦争の子どもたち―劣化ウラン弾は何をもたらしたかの作品紹介

ブッシュ米大統領は、イラクを「悪の枢軸」と呼び、またも総攻撃の意図をちらつかせている。しかし-大統領。攻撃の命令を下す前に、ぜひともこの写真を見てほしい。劣化ウラン弾による白血病に苦しむ幼児の姿を。子ども専用墓地にえんえんと広がる小さな土饅頭を。頭部の欠損した無脳症児の閉じられぬ瞳を。

イラク・湾岸戦争の子どもたち―劣化ウラン弾は何をもたらしたかはこんな本です

ツイートする