大河の一滴

  • 251人登録
  • 3.37評価
    • (14)
    • (17)
    • (50)
    • (6)
    • (3)
  • 22レビュー
著者 : 五木寛之
  • 幻冬舎 (1998年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784877282240

大河の一滴の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 買った時はすごく落ち込んでつらかったから読む。つらさが消えた時は積むので「冒頭だけ読む→閉じる」を何度も繰り返していた。買ってから1~2年くらいは積んでいたと思う。

    今回は「池上彰と考える、仏教って何ですか?」と並行して読んだので進みやすかった。人はみな大河の一滴・反常識のすすめ・ラジオ深夜一夜物語・応仁の乱からのメッセージの4部構成だけど、どの章もみな心にしみた。善悪、明暗だと、どうしても善と明の方がよいとされるけど、完全にそうとは言い切れないのでは…というもののとらえ方が深く印象に残りました。ある程度の年齢になると共感することや、心が揺さぶられる一文があると思う。

    2017年積読消化49冊目 本棚保存

  • 昔、悩みを抱えていた時に、旧友から勧められた1冊。昔のベストセラーと知ったのは、今回読んだ時だ。
    本が表に出てから20年近く経とうとしている。自殺者は3万人を超えた後、減少し、出版当時と同水準を維持している。筆者の言う、「心の内戦」から時代は変化したのだろうか?
    「過酷な時代で生きる価値をどう見出すか」ということについては、現在もヒントになることが多い。
    社会的・時代的に「是」とされるものだけに焦点を当てるのではなく、それ以外の「否」とされがちなものにもその価値を認めること。全体を含んだ「寛容」的な価値観から生を見いだすこと。そのような随筆的な思索が印象的だった。

  • 悲しみや苦痛に向き合って生きていくということ。

  • ☆松田先生 図書館だよりNo.51紹介☆
    ★SIST読書マラソン2015推薦図書★
    【所在・貸出状況を見る】
    http://sistlb.sist.ac.jp/mylimedio/search/search.do?target=local&mode=comp&category-book=all&category-mgz=all&materialid=10230197

  • 人生は苦しみの連続であるからこそ、人に優しくしなければ、と、はっとしてしまった。

  • この書籍は、五木寛之氏の作品で人生観や常識など交えて書かれています。その中で「人はみな大河の一滴」「滄浪の水が濁る時」「反常識のすすめ」「ラジオ深夜一夜物語」「応仁の乱からのメッセージ」があります。特に長いのが「ラジオ深夜一夜物語」で、ラジオ番組風となっています。この影響なのか解りませんが、「滄浪の水が濁る時」が短いですがそれぞれためになるかと思います。

  • 1998年(平成10年)第1位
    請求記号:Fイツキ 資料番号:010414126

  • もう覚悟をきめるしかない。

  • 私には、まだ。

    また10年後20年後に読み直したい。

  • 深く心に染み込む一冊でした。

全22件中 1 - 10件を表示

五木寛之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
村上 春樹
東野 圭吾
村上 春樹
乙武 洋匡
宮部 みゆき
東野 圭吾
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

大河の一滴を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

大河の一滴の作品紹介

いま『歎異抄』の心を現代に問う平成人必読の書!人生は苦しみと絶望の連続だ。地獄は今ここにある。その覚悟が定まったとき、真の希望と生きる勇気が訪れてくる。ブッダも親鸞も究極のマイナス思考から出発した。五木寛之がはじめて赤裸々に吐露する衝撃の人間論。

大河の一滴のKindle版

大河の一滴の文庫

ツイートする