日本の名随筆 (3) 猫

  • 39人登録
  • 3.35評価
    • (3)
    • (2)
    • (11)
    • (0)
    • (1)
  • 11レビュー
制作 : 阿部 昭 
  • 作品社 (1982年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784878939037

日本の名随筆 (3) 猫の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:


  • 彼ハ猫デアル 内田百間著. 「隅の隠居」の話 大仏次郎著. 猫 伊丹十三著. 藤原てんのこと 藤原審爾著. お軽はらきり 有馬頼義著. 家なき猫たち 長部日出雄著. 四十番地の猫 加藤楸邨著. 猫のいる風景 金子兜太著. なぜか猫を見ると気が狂う 吉田知子著. 猫ノート 長谷川四郎著. 東京猫地図 熊井明子著. 猫は言葉を知っている 松本恵子著. 六十六年前のネコ 乾信一郎著. 猫に仕えるの記 坂西志保著. 坂西さんと猫 東畑精一著. 猫 内田清之助著. どら猫観察記 柳田国男著. 猫の墓 夏目伸六著. 猫性 豊島与志雄著. 客ぎらい(抄) 谷崎潤一郎著. 片目のジャック 室生朝子著. 猫のチュジ雄 久野収著. ピヨのこと 金井美恵子著. 靴屋のミー 鴨居羊子著. 50円や100円の魚ならともかく 麿赤児著. 灰色猫のチビ太 上野昂志著. 老母の反猫思想 小川徹著. 猫と色の嗜好 石田孫太郎著. 春牡秋牝 渡部義通著. 擬人主義と擬猫主義 今泉吉晴著. 猫の不幸 阿部昭著.

  • タイトル「猫」に魅かれて借りました。31人の作家の猫に関する随筆です。1982年発行と随分前の作品で、知らない作家も多かったです。また私が人間的に嫌いで猫好きな作家も2~3人。内容的には、次から次に読みたくなるエッセイ集ではなかったです。さっと一読しました。

  • 優れた作品が読めてしあわせ。(読めない漢字たまにあるけど)読むのには時間がけっこうかかります。漢字もあるけど、なぜだろう。ひとつひとつ丁寧に咀嚼していかないと。(普段の脳内に近くない文章だもので)咀嚼して、この先人たちの言葉を体に取り込みたい気持ち。

  • 京都の古本屋で見つけて、随筆は小説ほどときめかないんだけども猫だけ買ってきた。
    みんな自分ちのねこかしこい自慢をしているけども、風邪のときに枕元にネズミおいていく金井美恵子のピヨさまがいちばんかしこくていいこだと思った。

    まあ、うちのねこがいちばんなんだけども。

  • 請求記号・914.6/Ni/3 資料ID・310001196

  • 人に飼われるというより、コミュニティの中を自在にうろちょろしていた時代の猫たちの生活がわかる。「ペットと飼い主」というより「猫と人」としかいいようのないゆるやかな人との関係は、今ではなかなかないものなんだろうな。

  • 寺山修司、内田百閒、大佛次郎、伊丹十三、藤原審爾、有馬頼義、長谷部日出雄、加藤楸邨、金子兜太、吉田知子、長谷川四郎、熊井明子、松本恵子、乾信一郎、坂西志保、東畑精一、内田清之助、柳田國男、夏目伸六、豊島与志雄、谷崎潤一郎、室尾朝子、久野収、金井美恵子、鴨井羊子、麿 赤兒、上野昂志、小川徹、石田孫太郎、渡部義通、今泉吉晴、阿部昭、計30名の猫に関して書かれた随筆集。家の猫、野良猫、猫との思い出等々、読んでにっこりし、自分も来るべき時に経験する事になる別れについて書かれた部分では考えてしまった。

  • 本巻100巻・一文字シリーズの3巻目で、猫に関する随筆アンソロジー。内田百?、大佛次郎らをはじめとする書き手の筆からさまざまな視点で「猫」を見ることができる。個人的に印象が強かったのは、松本恵子「猫は言葉を知っている」(猫の名:黒兵衛)、坂西志保「猫に仕えるの記」(猫の名:ポツダム)、夏目伸六「『猫の墓』」(猫の名:―)、今泉吉晴「擬人主義と擬猫主義」。とくに今泉の「相互誤解のなかの理解」という言葉にははっとするものがある。

  • 寺山修司・内田百?・大佛次郎・伊丹十三・柳田國男・谷崎潤一郎・金井美恵子… 猫の随筆集

全11件中 1 - 10件を表示
ツイートする