協働する学校図書館 小学校編 ―子どもに寄り添う12か月―(シリーズ学校図書館)

  • 35人登録
  • 3.75評価
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 吉岡裕子
  • 少年写真新聞社 (2010年7月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784879813572

協働する学校図書館 小学校編 ―子どもに寄り添う12か月―(シリーズ学校図書館)の感想・レビュー・書評

  • タイトル通り、1年を通しての司書の活動をあげている。頑張っているところには元気とプレッシャーをもらえる(^_^;)

    電子化とともに、読書ノートをはじめ、低学年がなかなかできないから、まずは、読み聞かせた絵本で書かせる、というのがいいと思った。使える・・・。

  • なんといっても、この副題の「子どもに寄り添う12か月」が3月から始まっていて、その1年のまとめと報告と4月からの教育計画を協働して、新年度の4月を迎えているというところで、うわ、この本、ほんまに実践的!うまい!と思いました。
    なかなか非正規で来年度がわからなくて、という状況では、この3月からの動きってできない(ことにきっと司書以外は困っていないことが問題なわけだが)。まぁ、私立ならではなのだろうなぁ、と思いつつ、でも本来、教育の場にいる司書としての動きって、こうならないといけないはず。で、よくあるすばらしい先生と司書の実践!(うちでは無理無理と思ってしまうような)の手前のあたり、いろんな先生に、ちょこちょこ声をかけて協働のネタ(タネ?)を育てている様子がいいなぁ。ぜひ読んで参考にしましょう。(i44)

全3件中 1 - 3件を表示

協働する学校図書館 小学校編 ―子どもに寄り添う12か月―(シリーズ学校図書館)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

協働する学校図書館 小学校編 ―子どもに寄り添う12か月―(シリーズ学校図書館)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

協働する学校図書館 小学校編 ―子どもに寄り添う12か月―(シリーズ学校図書館)を本棚に「積読」で登録しているひと

協働する学校図書館 小学校編 ―子どもに寄り添う12か月―(シリーズ学校図書館)はこんな本です

ツイートする