池澤夏樹詩集成

  • 27人登録
  • 3.60評価
    • (3)
    • (3)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 池澤夏樹
  • 書肆山田 (1996年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784879953735

池澤夏樹詩集成の感想・レビュー・書評

  • 池澤夏樹さんが、30代に書いた詩集2編。そして、そのころに書いた詩を集めた詩集です。

    池澤さんはここ何年かで、再び詩を書きはじめました。でも、落ち着いた詩的世界の広がる最近の作品より、これに載っている30代の頃の詩の方が、わたしは好きなのです。
    どこか満たされず、何かを探し求め、掴みかけてはそれを逃し、そしてまた探す…。
    20~30代とは、時代背景がどうであれ、そんなことの繰り返しではないでしょうか。
    美しい言葉の端々から、そういった苦悩が見え隠れします。自分もまた、苦悩する世代ゆえに、共感の念を隠せないのです。
    値段は張りますが、池澤さんがお好きな方にはオススメしたいです。

    「塩の道」には、合唱曲「ティオの夜の旅」で使われた詩が収録されています。

  • 池澤夏樹さんの詩!

  • 透明な言葉の力を感じることができる。

全3件中 1 - 3件を表示

池澤夏樹詩集成はこんな本です

ツイートする