悪魔のダンス―絵の中から誘う悪魔 (ハートアートシリーズ)

  • 135人登録
  • 3.65評価
    • (15)
    • (14)
    • (36)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 早坂優子
  • 視覚デザイン研究所 (1996年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784881081235

悪魔のダンス―絵の中から誘う悪魔 (ハートアートシリーズ)の感想・レビュー・書評

  • 中のゆるいイラストがいい。

  • 美術館や画集でたびだび出会う絵の中の悪魔たち。彼らはいったい何者なのだろう。私たちがもっているイメージは合っているのだろうか。悪魔を案内役に美術の世界へやさしく導く。

    視覚デザイン研究所(1996.06)

  • 内容はかなり浅いが、キリスト教の悪魔から日本の悪鬼、果てはデビルマンまで扱うという幅広さ。美術に現れる悪魔は一通り網羅しました、というような内容には好感が持てる。ただ、私としては、もっと闇の歴史的な暗い内容を期待していたのだけれど、どちらかというとお茶目な感じに編集されていて、それが少し残念だった。宗教によっても地獄の様相は違うし、結局は想像の産物でしかない、ということか。当たり前だけれど。

  • 一目見たときに気になって、すぐに衝動買いしてしまった。

    ヒット作じゃない本って、そのとき買わないと意外とあとで見つからず、ずっと後悔するから!

    たくさんの絵画と、悪魔の小話が紙の隅々にまで散りばめられていて、ボリュームがあった。

    内容はそんなに濃くはないのだが、不思議と少し贅沢な時間を過ごした気がする。

    悪魔は空想上のものだと思うけど、各宗教聖典はもちろん歴史的背景や地理的要因が反映されていて、興味深い。

  • 厨二病のオリジナル小説を書いていた頃に参考にしていた書物。
    友に読ませていたりもした。
    勿論、今となれば封印したい所謂「黒歴史」で有ることは言う迄も無い。
    ちなみに、私が期待していたものとは違った。

  • 肩の力を抜いて読める宗教絵画の解説書。

  • こっちは悪魔の描かれた絵画についての本。「天使のひきだし」と対で読むと楽しい。

  • 買っちゃった〜。やっぱりおもしろい!悪魔っていろいろいたのね。

全9件中 1 - 9件を表示

早坂優子の作品一覧

早坂優子の作品ランキング・新刊情報

悪魔のダンス―絵の中から誘う悪魔 (ハートアートシリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

悪魔のダンス―絵の中から誘う悪魔 (ハートアートシリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

悪魔のダンス―絵の中から誘う悪魔 (ハートアートシリーズ)はこんな本です

ツイートする