大学生、限界集落へ行く―「情報システム」による南魚沼市辻又活性化プロジェクト

  • 11人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 専修大学経営学部森本ゼミナール 
  • 専修大学出版局 (2016年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784881253083

大学生、限界集落へ行く―「情報システム」による南魚沼市辻又活性化プロジェクトの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 専修大学経営学部森本ゼミナールの学生による、新潟県南魚沼市辻又集落の活性化プロジェクトの記録。
    活性化プロジェクトを追体験できるような内容で面白かった。単なるICTにとどまらない「情報システム」という概念が興味深かった。
    本人たちも認めているように、学生によるプロジェクトにはどうしても限界があるし、活性化プロジェクトのゴールを「集落住民が活性化に対してやる気を出し、前向きな気持ちになること」とするなど、ある種の「上から目線」が垣間見られることなど、この種のプロジェクトには問題も少なくないが、それでも、学生と課題のある地域集落との交流プロジェクトには、地域にとって意義があるということを感じた。

全1件中 1 - 1件を表示

大学生、限界集落へ行く―「情報システム」による南魚沼市辻又活性化プロジェクトを本棚に「読みたい」で登録しているひと

大学生、限界集落へ行く―「情報システム」による南魚沼市辻又活性化プロジェクトを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

大学生、限界集落へ行く―「情報システム」による南魚沼市辻又活性化プロジェクトの作品紹介

都会の大学生は、集落の住民に何をもたらしたか。学生と住民との交流、活性化活動の本音を、学生の「生」の声で綴る。

ツイートする