STL標準講座―標準テンプレートライブラリを利用したC++プログラミング (Programmer’s SELECTION)

  • 120人登録
  • 3.32評価
    • (1)
    • (12)
    • (31)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : エピステーメー  Herbert Schildt  多摩ソフトウェア 
  • 翔泳社 (1999年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784881357781

STL標準講座―標準テンプレートライブラリを利用したC++プログラミング (Programmer’s SELECTION)の感想・レビュー・書評

全4件中 1 - 4件を表示

STL標準講座―標準テンプレートライブラリを利用したC++プログラミング (Programmer’s SELECTION)を本棚に登録しているひと

STL標準講座―標準テンプレートライブラリを利用したC++プログラミング (Programmer’s SELECTION)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

STL標準講座―標準テンプレートライブラリを利用したC++プログラミング (Programmer’s SELECTION)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

STL標準講座―標準テンプレートライブラリを利用したC++プログラミング (Programmer’s SELECTION)を本棚に「積読」で登録しているひと

STL標準講座―標準テンプレートライブラリを利用したC++プログラミング (Programmer’s SELECTION)の作品紹介

標準テンプレートライブラリ(Standard Template Library:STL)により、プログラムの記述方法が変わろうとしています。この画期的なコンテナ技術を使用すると、かつては200〜300行のコードが必要であった処理を2〜3行で書けるようになります。これは誇張ではなく、事実です。STLを使用すれば、データの格納、読み込み、操作などを、標準化された効率のよい組み込みオブジェクトやアルゴリズムを使って行うことができます。たとえば、データをリストに格納する場合はlistクラスを使用でき、プログラマ自身がリンクリストのコードを記述する必要はありません。最大の利点は、データを統一的に処理できることです。多くのプログラムでは、データの操作が重要な部分を成しています。STLを使用すると、より簡単で正確なプログラミング可能になります。本書では、STLを使いこなし、各自のプログラムに役立てる方法について説明します。

STL標準講座―標準テンプレートライブラリを利用したC++プログラミング (Programmer’s SELECTION)はこんな本です

ツイートする