メランコリックな身体〜痛々しくも美しきカラダの偏愛学 (トーキングヘッズ叢書 第 45)

  • 66人登録
  • 3.50評価
    • (2)
    • (1)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : アトリエサード 
  • 書苑新社 (2011年1月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883751228

メランコリックな身体〜痛々しくも美しきカラダの偏愛学 (トーキングヘッズ叢書 第 45)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 気になった人備忘録。
    ・小林美佐子
     圧倒的インパクト!
    ・井桁裕子
     ついにこの領域まで入ったのか……
    ・安蘭
     黒とピンクに彩色された点描画。
    ・藤林馨
     すごい眼球! 天野可淡や三浦悦子に連なるのでは。
    ・山下陽子
     カラーで鑑賞したい。
    ・胡子
     お嬢様学校。
    ・パウル・ツェラン。
    ・佳嶋。
    ・ミイラ。
    ・イザベル・カロ。

    ところで古本で昔のTHを読んだ。
    その頃に比べると、取り上げ方がものすごく洗練されている。
    やりよるなこの編集部。

  • 拒食症関係の資料読みたさに買いました。ちょっと物足りなかった気もする。

  • 描き下ろし短編小説『壊れた白 Blanc Casse』掲載

  • 内容は
    トーキグヘッズは、現代美術を
    ピックアップしてある本ですからして
    今回は傷ついてたりガリガリに痩せてたり
    絞めつけてたりというような一見痛々しい身体の
    絵画や映画や人形や写真や本が載ってます。

  • 出ている人が私好みです。

    傷付けられているからこそ美しい
    とは其処から滲み出る生気によるものなのかとか色々考えました。
    傷ついているのに美が産まれるとは何とも不思議です。
    そして素晴らしく思います。

    何よりたった2ページだけだったけど、与偶さんが出ていたことに感激しました。

全5件中 1 - 5件を表示

メランコリックな身体〜痛々しくも美しきカラダの偏愛学 (トーキングヘッズ叢書 第 45)を本棚に登録しているひと

メランコリックな身体〜痛々しくも美しきカラダの偏愛学 (トーキングヘッズ叢書 第 45)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

メランコリックな身体〜痛々しくも美しきカラダの偏愛学 (トーキングヘッズ叢書 第 45)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする