秘密戦争の司令官オバマ

  • 35人登録
  • 3.75評価
    • (0)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 菅原出
  • 並木書房 (2013年1月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784890633029

秘密戦争の司令官オバマの感想・レビュー・書評

  • ふ~む、国際情勢の真実を垣間見ることができる一冊。
    大変興味深いのだけれど、内容がなかなか難しくてだいぶ
    手間取っちゃいました。

    アメリカは何を考えているのだろう?
    今後どうするのだろう?
    アフガニスタンはどうなるのだろう?
    パキスタンはどうなるのだろう?

    いろいろなことが不安になり心配になる一冊です。

    今後注意深く世界のニュースに耳を澄ませていきたい。

  • ブッシュが踏み込んだイラク戦争に対して、「あれは間違った戦争だった。アフガン戦争にだけ注力していればよかったのに」というキャンペーンで大統領になったオバマ。
    戦費も削る、兵士も危険にさらさない。
    なんて言いつつ、周囲の圧力もあり、テロとの戦いも謳い、アフガンに出兵。
    タリバンを殲滅、は無理なので。
    タリバンの力をアフガン政府でも対応可能な程度に減退させることを目標とする。

    掃討(クリア)→堅守(ホールド)→建設(ビルド)→転移(トランジッション)
    の工程で、アフガン政府に安全になった国を維持させようとしたらば。

    賄賂などの汚職にまみれたアフガン政府は国民に人気がない。各国からの援助は偉い人に流れてしまう始末。
    それよりはタリバンの方が国民に人気がある。
    アフガン政府に汚職から立ち直れといってもまったく言うこと聞かず、険悪になる。
    慌ててなだめる。

    なんてことをくり返し。
    アメリカ国民の犠牲を減らすために、無人攻撃機による攻撃をくり返し。民間人を巻き添えにし。
    (3000人くらい殺したそうだが、そのうちどれだけが民間人か……)

    アフガンのタリバンが減らないのはパキスタンが奴らを援護しているからだ、と、パキスタンにも攻撃。
    到底、ホールドも出来ないけれど、最初っから撤退期限を決めていたので、クリア→トランジッションという、段階すっ飛ばしになることを余儀なくされ。
    結局アメリカは、アフガンに混沌を起こしただけという……

    シリアも、アラブの春だのなんだので兵器が流れたり、アメリカ軍が訓練した兵士がタリバンになって強力になってしまったりで。
    どんどん情勢が悪化していく。
    そしてアメリカの戦費も、どんどん増加。人間が行っている人数はいくらか減っただけで、CIAは情報戦だけではなく実際に無人攻撃機関連で組織の10%もの人数を使うようになったり(2000人とか)、表に見えないだけで、裏では戦争への注力。

    現地の人の言葉や、アメリカの優秀なインテリジェンス、けれど自分たちのことしか考えない行動など。
    アメリカはビン・ラディンを暗殺したことや、無人攻撃機によって、パキスタンとの関係を悪化させたけれど、ここに中国が絡んで、現地での株をあげている。この中国のしたたかさには、本当に恐ろしいものがある。

全2件中 1 - 2件を表示

秘密戦争の司令官オバマの作品紹介

バラク・オバマが大統領に就任した時、「戦争のない世界を実現しようとする理想の指導者なのではないか」と多くの人が淡い期待を抱いた。だがオバマはブッシュ政権時代の政策を引き継ぎ、さらに拡大、発展させた。無人機を使った暗殺作戦、特殊部隊を使った対テロ作戦、そしてサイバー攻撃など、秘密の戦争をエスカレートさせたのである。ノーベル平和賞を受賞した黒人初の大統領は、いかにして米国史上もっとも過激な「秘密戦争の司令官」に変わっていったのか?オバマ政権の軍事戦略や秘密諜報活動を詳細に追いながら、オバマの戦争の実像を描く。

秘密戦争の司令官オバマはこんな本です

ツイートする