電車告知人―明治の京都を駆け抜けた少年たち

  • 17人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 鳥越一朗
制作 : ユニプラン編集部 
  • ユニプラン (2007年4月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784897042381

電車告知人―明治の京都を駆け抜けた少年たちの感想・レビュー・書評

  • 北野天満宮前から中立売通りを千本通りに向かって走る「京電(チンチン電車)」の前を、法被姿で走りながら道行く人たちに注意喚起する少年の姿を写した一枚の写真。
    この一枚の写真からインスピレーションを得た作者が、壮大な想像力で書き上げた青春ストーリー。
    ミュージカル仕立てのお芝居とかにしたらおもしろいんじゃないか?と、思った。

  • 明治28年、京都電気鉄道伏見線が開業、2ヶ月後に市内線もスタートすると、市電と人との接触事故が相次ぎ、同年9月“電車告知人”制度が発足した。“電車告知人”とは、少年が大声で叫びながら電車の前を走り、電車が近づいていることを人々に知らせるという危険な仕事。1枚の古い写真から“電車告知人”の存在を知った著者が、ワクワクしながら物語を紡いでいく気持ちが、読み手にも伝わる。

  • まるでドキュメンタリーを見ているよう。著者の、電車告知人というものを描き出してみたいという心構えが大きかったのだろうな。
    物語性はやや低め。

  • ワタクシ、某図書館でYA担当をしておりまして。
    といっても、選書は区がやりますのですが。
    選ばれた資料の中からYA向け資料をピックアップするのですな。
    で、新設図書館なもんで未だ作成途上のYAコーナー。
    一般読み物として置いてありましたこの小説。
    タイトルとポップな装丁で選び置きました。
    で、実のところどやねん、と実際読みまして。

    間違ってへんかった!
    心踊ります。淡い恋の要素もありますし。
    おもろかったです!

全4件中 1 - 4件を表示

電車告知人―明治の京都を駆け抜けた少年たちを本棚に「読みたい」で登録しているひと

電車告知人―明治の京都を駆け抜けた少年たちを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

電車告知人―明治の京都を駆け抜けた少年たちを本棚に「積読」で登録しているひと

電車告知人―明治の京都を駆け抜けた少年たちの作品紹介

\08\「京都大正ロマン館」の著者が描いた明治の京都。明治28年、京都の街に日本初の市街電車が走り始める。電車による事故を防ぐため設けられたのが空前絶後の「告知人制度」。告知人のほとんどは12歳から15歳の少年だった。電車の前を走りながら、通行人に危険を知らせた彼らの実像はいかなるものであったか、著者の想像力が明らかにする。

電車告知人―明治の京都を駆け抜けた少年たちはこんな本です

電車告知人―明治の京都を駆け抜けた少年たちのKindle版

ツイートする