ひずみの構造―基地と沖縄経済 (新報新書)

  • 12人登録
  • 4.50評価
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 琉球新報社
  • 琉球新報社 (2012年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784897421483

ひずみの構造―基地と沖縄経済 (新報新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 琉球新報社が、基地経済がもたらした沖縄県のひずみを徹底取材した内容を新書版にまとめたもの。第17回平和・協同ジャーナリスト基金賞奨励賞受賞したルポ作品です。

    「沖縄経済は基地に依存している」と考える人が多く存在する中、沖縄経済に占める具体的な数字(僅かでしかない)や基地の存在が経済の阻害要因になっている事実、基地返還後に開発された地域がそれまでよりも大きな効果を生んでいることが紹介されています。また、思いやり予算で米軍基地で働く外国籍従業員の給与を支払っていることや、地位協定によって自動車税を減免されることによって本来入ってくる税収を自治体が確保できない状況など、疑問と怒りを持つ事実が書かれています。基地の固定化を許されません。現在行われている高江のペリパット建設工事は直ちに中止すべきです。

    沖縄の現実・歴史をきちんと正しく認識することが、私たちに求められていると強く思いました。

    おすすめの一冊です。

  • 沖縄の経済の中に、基地の問題は深く根付いていることは事実。でもそれと、「沖縄は基地がないと食ってけない」はイコールでは繋がらない。
    基地関連収入によって徐々に広がり埋められなくなった沖縄経済のひずみを細かく解説。
    たしかにすぐに依存から完全に脱却するのは難しい場面もあるかもしれない。けど、それに気付いた人々は依存からの脱却を始めてるし、その未来を見つめている。 
    誰もが気付き始めた依存からの脱却可能性。まずは少しでも知ることから始めたいと思う。ありがとう。

全2件中 1 - 2件を表示

琉球新報社の作品

ひずみの構造―基地と沖縄経済 (新報新書)はこんな本です

ツイートする