忙しいパパでもできる! 子育てなんとかなるブック (Nanaブックス)

  • 19人登録
  • 3.25評価
    • (1)
    • (0)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 石阪丈一
制作 : 大塚たかみつ 
  • ナナ・コーポレート・コミュニケーション (2009年1月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901491853

忙しいパパでもできる! 子育てなんとかなるブック (Nanaブックス)の感想・レビュー・書評

  • 読みやすく、1〜2時間で読めた。

    少し、育児でモヤモヤがあったが、パパと協力して、想いあいながら手伝ってもらうことで、幸せな家庭を築いていきたいと思う。

  • ・食事門限
    → 家族の絆は食事から

    ・家族が自然に集まる居心地の良いリビングにする
    → 勉強ができる大テーブル

    ・妻への思いやり
    → 乳児期ストレス
    → 軽くすることが家族の幸せ
    → 話を聞くだけでよい

    ・子育て期間は短い
    → 後悔するパパもいる
    → 一番かわいい子どもの時期に関わる
    → 著者は1回帰って子どもとからんでから、また仕事に戻るなど。

    ・家事・育児は夫婦でやるものと自覚
    → ないなら少しずつやってみる

    ・育児本は目安
    → 正解はない

    ・朝、子どもとの時間をとる
    → 忙しい方へ
    → おなかすく、ゆっくり食事

    ・読み聞かせ
    → 木枠を作って紙芝居

    ・怒らずにしかる
    → 行動が悪くて子どもは悪くないというようにしかる
    → 外で頭を冷やすのもあり

    ・疑問に答える
    1.信頼
    2.知的好奇心(知識欲)
    3.説明がなくてもいことを聞くようになる

    ・子育て中は「子育て」をやりたいことにする
    → 趣味は後のお楽しみ

    ・中学以降は金は出すが、口は出さない方針

    ・親が約束を守れば、子どもは守るようになる

    ・地域の人とのおつきあい
    → いざというときの助け合い

  • 子育ては、工夫、思いやり、楽しむ、の三原則で。だそうです

  • 町田市の市長さんが書いた本。

    子育て体験記って感じかな。
    まぁ参考になったりなんなかったり。
    4コマもあって読みやすい。

  • 自分と近い考え方の著者による育児書。
    0歳児部分に学ぶべき所は少ないけど、その先が興味深い。5歳、10歳、成人まで。
    これから出会う躓きの石を探す目安になる。

    とはいえ175ページしかない、薄い本。
    扱えるトピックは限られる。代わりに原則的な考え方に紙幅を割いた。
    楽しもう、考えよう、任せよう、感謝しよう。と。
    「こうすれば良いんじゃないか?やってみよう。ダメならまた考えよう」
    そう、ありふれたPDCAサイクルだ。

    教育を専門としない人が自分の体験をベースとした、いわゆる「俺スタンダード」で書かれた本としては珍しく、長女の出産が1977年。
    すでに成人して、読者の年齢にほぼ等しい。
    巻末に筆を寄せる次男氏も7歳と0歳のお子さんがおられる。
    子供が成人し、孫が何人も生まれてようやく筆を執った本。
    慎重にもほどがある。

    表紙はライトなテイストだけど、著者は横浜市の上級地方公務員→町田市長なんて人。
    比較的安定したポジションだった割に、動的な考え方で、好き。

  • 東京・町田市長による子育てアドバイス。巻末に奥さん、子供さんからのメッセージが寄せられていますが、そこは手前味噌な感じでした。図書館予約数は0(09/05/31現在)です。

全6件中 1 - 6件を表示

忙しいパパでもできる! 子育てなんとかなるブック (Nanaブックス)を本棚に登録しているひと

忙しいパパでもできる! 子育てなんとかなるブック (Nanaブックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

忙しいパパでもできる! 子育てなんとかなるブック (Nanaブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする