LLブックを届ける―やさしく読める本を知的障害・自閉症のある読者へ

  • 28人登録
  • 5.00評価
    • (7)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
  • 読書工房 (2009年3月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784902666205

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジュンク堂書店新...
三浦 しをん
レイチェル・L....
柏葉 幸子
エラ・フランシス...
有効な右矢印 無効な右矢印

LLブックを届ける―やさしく読める本を知的障害・自閉症のある読者への感想・レビュー・書評

  • デイジーデータはサピエ図書館を利用するという方法を見つけた。

    サピエとは
    https://www.sapie.or.jp/sapie.shtml

    「マルチメディアDAISY(デイジー)」や「やさしく読める本」を知っていますか
    https://www.jla.or.jp/portals/0/html/lsh/redheel.html

  • 知りたい情報が具体的に得られた。

  • YAへのLLブックの必要性 児童書からの橋渡し
    オランダのやさしく読める基準 一ページあたりの行数が多すぎない 文字が大きく、余計な装飾がない 文章が明瞭、単純、直接的 テーマは読者に関心のあるもの ストーリーがわかりやすい 登場人物は二三人以内 時系列にそって展開
    わかりやすく情報提供すること=本人が自分で決められるようになること

    わかりやすいお知らせを作る 文字を12〜14ポイントに 具体的な日常語を使う 一文を短く 漢字にはルビ イラストや写真を入れる 情報量を盛り込みすぎない レイアウトをみやすく、空間のゆとりを持って ゴシック体

  • 学習障がいや知的障がいなど、読むことにハンデのある人のためにわかりやすく書かれた本についての紹介や、実際の支援方法などについて書かれている。

    わたし自身、知的障がいの人と関わりのある仕事に就いたので、興味深く読んだ。

    難しい話題を難しくいうよりも、簡単にわかるようにいう方が創造的だ、きっと。
    オリジナルの小説作品とか、もっと出版されたらいいなぁと思う。

  • LLブックやマルチメディアデイジーのほか、知的障害者や学習障害者の有効な資料について詳しく述べられていて、ぶっくるの巡回や配本に役立つ話が多い。

  • 本書は、「LLブック(やさしく読める本)」を、
    知的障害や自閉症のある人へ届けたいと
    考えて活動している人たち(15名)の
    思いと実践をまとめたものである。

    「LLブックという考え方」「LLブックを作り提供する活動」について、
    さまざまな事例を紹介し、それらを基に今できること、
    これからすべきことを提唱している。

    LLは、スウェーデン語のLattlast(aにはウムラウトがつく。)の
    略である。

    LLブックは、わかりやすく書かれた本であるが、
    幼児や子供向けのものではなく、
    青年、成人という生活年齢に合った内容が、
    読むことが苦手な人のために読みやすく書かれた本である。

    この「生活年齢に合った内容」というところがポイントである。

    なぜなら、知的障害や自閉症のある人たちが
    平等に読書の機会を得ることができない状態にある原因のひとつは、
    「生活年齢と知的年齢の差が歳を重ねるとともに大きくなるため、
    読める本と読みたい本が一致しなくなる」からである。

      生活で身につけてきたことは多く、
      恋愛への興味も当然あるでしょうし、
      テレビで見たスポーツや歌、旅行などにも関心があるでしょう。

      恋愛小説、スポーツ選手や試合の情報、
      旅行記などが読みたいとしても、
      彼らが自分で読んで理解できるように書かれた本が
      見つからないという問題が起こります。

      (p.9)

    そして、もう一つの理由は、
    「読書する機会や環境が貧困であること」である。

      私たちは、図書館や書店、インターネットなどから好きな本や
      必要な本、雑誌を選び、借りたり買ったりして読みますが、

      知的障害や自閉症の人の中には、
      図書館や書店へ一人では行けない人や、
      行ってもどうすればいいのか分からない人、
      本を選べない人がいます。

      また、コンピュータの操作ができない人も多くいます。

      彼らには、わかりやすい本を薦めたり、
      内容を理解するために助言してくれる人、読んでくれる人、
      図書館や書店へ行って利用の仕方、
      本の買い方を援助してくれる人が必要です。

      (p.9)

    知的障害や自閉症のある人たちには、LLブックと、
    そのLLブックに結び付けてくれる人の存在が必要ということである。

    本書は、次の5章と巻末資料から構成されている。

    1 はじめに
    ・本書を出版した目的やその背景にある課題、
     表題にあるLLブックという図書の解説

    2 ヨーロッパから世界へ
      -やさしく読める本の出版と図書館サービスの潮流
    ・海外で取り組まれているLLブックや読書権の保障のための活動の報告
    ・スウェーデンのやさしく読める図書センター、
     オランダの公共図書館の事例、
     「世界のバリアフリー絵本展」

    3 どうなっている? 知的障害や自閉症の人にとっての読書環境
    ・日本における知的障害や自閉症のある人の読書環境の実態
    ・本人たちの読書へのニーズ
    ・公共図書館における障害者サービスの変遷

    4 読書環境を改善するための取り組み
    ・日本で始まっているLLブックの制作やわかりやすい情報提供、
     読書を推進するための活動の報告
    ・サポートセンター、施設、特別支援学校、公共図書館の取り組み

    5 わかりやすさを支援する方法
    ・読みやすくわかりやすい本や新聞を制作するための具体的な方法
    ・マルチメディアDAISYの学習障害や知的障害のある人たちによる活用事例
    ・読みやすい文章とはどのようなものか、その書き方、
     写真・絵・シンボルの利用のしかた

    巻末資料
    ・おすすめの本... 続きを読む

  • Lättlästについてそれこそ分かりやすく書かれた本。
    知的障害・自閉症のある読者を視点に書かれているが、
    ヨーロッパの現状(特にスウェーデン)がよくわかる。

    研究に必要なところだけを拾い読みしていったが、
    時間ができたら、他の部分も読みたい。

  • 知的障害や自閉症の人などが読みやすくわかりやすい本の紹介やどういった文章、絵、写真が知的障がい・自閉症の人達にわかりやすいかなど
    参考になることが多い。
    他にも個別の読み聞かせ、知的障害者への図書館サービス、移動図書館を実行する方法など。

全9件中 1 - 9件を表示

LLブックを届ける―やさしく読める本を知的障害・自閉症のある読者へを本棚に登録しているひと

LLブックを届ける―やさしく読める本を知的障害・自閉症のある読者へを本棚に「読みたい」で登録しているひと

LLブックを届ける―やさしく読める本を知的障害・自閉症のある読者へを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

LLブックを届ける―やさしく読める本を知的障害・自閉症のある読者へを本棚に「積読」で登録しているひと

LLブックを届ける―やさしく読める本を知的障害・自閉症のある読者へはこんな本です

ツイートする