深夜百太郎 入口

  • 173人登録
  • 3.69評価
    • (10)
    • (21)
    • (16)
    • (5)
    • (0)
  • 23レビュー
  • ナナロク社 (2015年9月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784904292617

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西 加奈子
舞城 王太郎
米澤 穂信
小野 不由美
舞城 王太郎
三浦 しをん
西 加奈子
村田 沙耶香
恩田 陸
伊坂 幸太郎
東山 彰良
又吉 直樹
森見 登美彦
舞城 王太郎
舞城 王太郎
舞城 王太郎
高野 和明
有効な右矢印 無効な右矢印

深夜百太郎 入口の感想・レビュー・書評

  • 舞城王太郎の百物語ものとくれば、まあ、読むしかない。そして、当然のように、おもしろい。

  • えーと,これは入口の50~01アナタタ:02倒れた木:03地獄の子:04踏切:05二階の火の玉王子様:06ゆらゆら:07グルグル:08イミルナレ地蔵:09家族の手:10蛍の光:11友達の部屋:12笑う鬼:13あじさいの中:14夜のダム:15兵藤くん;16山の小屋:17穴の蓋:18河童の地蔵:19ファミレスの子供:20叔母の主張:21図書館の彼女:22軽トラの荷台:23隣の豚:24座敷のあじさい:25床下の猫の通り道:26エロ本小屋:27車の河:28入れない家:29夏の落ち葉:30手握り:31トイレットペーパー・ゴースト:32オクリカエシ:33夢の獏:34耳に入る虫:35風呂の外:36横内さん:37空の大王:38忠犬バッチ:39トイレ問答:40体育館でかくれんぼ:41パソコン共用:42手招き:43パクった傘:44アルバム:45高架下の首吊りストーカー:46猫の段ボール:47客が一人のバス:48夜中の暗い風呂:49買ってない品物:50車の蛇~短編集だとは知らず,舞城の名前だけで買ったんだけど,軽くて良いかも。タイトル書いていて思い出せるのが良い 。毎晩一話ずつ書いたらしいが,偉いことですね。ピンぼけのわざと素人臭い写真を使いやがって…と思っていたら,左内正史という写真家だった。なぜ,この写真?? 舞台はお馴染みの調布市と福井県西暁町(南越前町?)

  • 舞城王太郎が描く百物語。
    次々現れるちょっと怖いショートショート。
    短文とはいえ、それぞれちゃんと面白い。

  • そういえば今までに2冊しか読んでいない舞城王太郎、うち初めの一冊は熊の場所でその中にも怪談じみたというか怪談が出てくる。深夜、学校で。お決まりといえばお決まりの怪談だけどそれが本筋とうまい具合に絡まっていた。今度は全編怪談だ。うん、凄い。

    実話系だと当然死んでしまった人間の視点からは語れないわけで、しんじゃううううう~って感じからがちで死んじゃった感じのホラーはなんていうか怪談の軽さからちょっとべたべたした足がついている感じがするけど、その辺さらっとしていてヒジョーに好みだ。怖いけど。うん、意味わかんないうえに結構えげつなく死んでいるけど。怖い。怪談楽しい。

  • 思い返すと、怪談でないフツーの舞城の小説も十分に怪談的な恐ろしさがあるよね。

  • 舞城王太郎初読でした。前情報なしに普通の怪談ものかなと手に取って驚きました。なんとも新感覚!描き方の視点が新しいのか今までにない不思議なテンポと語り口で、一つ一つのお話が本当におもしろい!こういう切り口は自分にはすごく新鮮な気持ちで読めました。以前から気になっていた作家さんですが、他の本も読んでみます。その前に、まだ後半の『出口』がありますね。

  • とにかく良い。人間が怖い。そしてtwitterで連載していた時とはまた違った印象。読んでいない話もあった。

  • こういう恐怖を求めていた。

  • 怖い。特に「トイレ問答」は秀逸。わずかワンラリーの会話から、読者にここまで絶望感を味わわせる語り口はやはり凄い。

  • 2016.12.10
    宮部みゆき絶賛だったので、本屋で購入。
    近所の本屋に無くて、5軒目でようやく購入。
    でも、なかなか読みづらい。
    結局3分の1読んで、積読状態。
    読む本無くて、5か月振りに手に取った。
    ん?
    意外と面白い。
    だんだん呑みこまれていくのに、自分の頭越しに冷静に見ている感覚が、本当にありそう。
    怖いところに引き込まれていくのに怖さとともに、喜びがあるようで。
    それは自分しか見えない、自分だけが知っているという優越感だったり、逆に絶望だったり。
    分厚い本を読了してうれしい。半年かかって。

  • レビューを見ると人によって怖さのツボが違うのがお面白い。私は夜のダム、穴の蓋、ファミレスの子供、叔母の主張、風呂の外、横内さん、猫の段ボールが怖かったかな。

  • 奇怪な短編が50話、ぎっしりと詰まってます。
    残りは「出口」編に50話。
    これって、精神的にしっかりコントロール出来ていない状態の人が読んじゃいけません。
    危ないです。
    連続して何話も読み続けるのも、興がそがれるのでやめた方が良いです(矛盾してますかね)。
    でも、1話分のインパクトを弱めるには、連続して何話か読み続けた方が良いのかも...。
    「出口」は、暫く読まないです。
    読む気になったら読んでみます。
    怖いです。

  • 短編より長編でがっつり読むのが好きだけど、ショートショート100篇を立て続けに読むと、高揚して気持ちよくなってくる。親子の情念と話が通じない人が一番怖い。

  • 読了まで時間かかったーーー
    やっぱりホラーは苦手なようです、私。
    でも百太郎までまだ半分の五十太郎。
    出口までたどり着くのか?
    舞城さん、よくこれだけの短編を書けるよなぁ。

  • 舞城王太郎版百物語の、その最初の50の物語。面白い。とにかく怖くてグロい話とかその中にも優しさとかユーモア、笑いみたいなのがあったりとか、「好き好き大好き~」みたいな深い愛の話とか、本当にいろいろあってすごい。ちなみに僕は三十六太郎「横内さん」という話が好きです。あと装丁もちょっとおもしろいので、そこも良い。

  • 『「絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対絶対」
    絶対ムリ。
    絶対そうさせない。
    絶対お前を逃さない。
    絶対離さない。』

    『「なんかトイレで揺れてる人いんだけど」
    と引きこもりのユキ茶が言って、何言ってるんだか判らないのでまさかユキ茶どっかで変な薬を…と思うけどどこも行けない有希子ちゃんにどっかも何もない。』

    『ただ顔が見たい。そういう気持ちは確かにある。
    死んでしまったらもう会えないのだ。』

    『彼女のいない世界でこれから生きていくのに、最後にこんな形で助けれられるなんて駄目なんだ。
    僕の言うべき台詞も間違ってた。
    「ありがとう」
    と僕は言える。
    でも彼女は言う。
    「もう聴こえないよ」
    その矛盾してるはずの台詞が矛盾してなくて、僕は悲しいが、その悲しみをどうすることもできないことを受け入れるしかない。』

    『ド田舎に住む利点って結局ののところは適当にエロ本が捨ててあるってことに尽きるんじゃないかと思う。』

    『俺は拾ったエロ本を《ゴミ》と《よろしければ》と《なかなか》と《いいですね》と《重要》と《しがみつけ》とに仕分けして持ち帰る。《いいですね》以下はうちの倉の二階に、《重要》は乾かしてから自宅の納戸に、《しがみつけ》の三冊だけは俺の部屋のタンスの中に入れてある。よっしゃ。』

    「手を出せないんやったら口も出さない。これが人生と人間関係の鉄則やで?」

    『「ありがとう」
    「ううん、こっちこそ。なあ、」
    「うん?」
    「なんであんた、私のことそんな信じてくれるん?」
    「ほやかって…ほら、」好きだから。』

    『これでいい。
    これも世界の終わりで、私が恐れ、同時に望んでいたことなのだ。
    私は狂っていて、狂っているということを知っているという部分で正常だった。』

  • 新潮社の中瀬ゆかりさんが5時に夢中でオススメしていたので借りてみた。
    入口と出口合わせて百物語になる。
    語りが全部違って、話自体も幽霊ものや不思議な現象など様々。
    すっごく怖いわけではないが、ちょっと思い返した時に、ああいうのに巻き込まれたくないな~とか、霊的なものが見えないほうがいいな~とか考える。
    話によっては意味がわからないものもあった。

  • 凄い、凄い、ほんとうに舞城さんは凄い。
    言葉で説明するのがもどかしいほどなんだけど、親子、きょうだい、友だち、恋人、夫婦…およそ考えつくかぎりの人間関係プラスこの世のものならざるものによる、究極の愛と恐怖の怪談集です、これは。郊外と山間が交互に舞台となるのもミソ。
    とくに印象に残ったのは、「地獄の子」「笑う鬼」「横内さん」「忠犬バッチ」…いやいやどれも全部すごいけど、一番は「横内さん」かな。
    いくつかの短編に、血みどろになりながらも、さらりと愛をまっとう或いはこの世をいつくしみ、惨殺されていく人のすがたが描かれる、それがたまらなく潔くかっこよかった…また読み返したい。

  • 新聞の書評で絶賛されていたので手にしてみました。まず50話。怪談といってもその種類が実話系、事件系、トリップ系等々と多彩で、なるほどすごく面白い!と思う一冊でした。…私はスプラッタ系が苦手なので、うっとなっちゃうのもありましたが。東京と福井の舞台、それぞれで片や標準語、片や方言とういう語り口もいい味です。毎晩一話ずつネットにアップされていたそうなのですが、紙で読んだ感じとやっぱり異なるのでしょうか私は紙派ですが。

  • 怪談を独特の物語にしたと思う 怖いものもあるがわからないのもあった

  • 図書館より。

    何だかんだで一気に読了。
    怖いしキモい(|||´Д`)←誉めてます。
    舞城さんはデビュー時ハマって読んでたんだけど、若さが足りなくなったせいかサヨナラしてた。

    読みやすくはなっている。でも、この独特なストレートな言い回し。目が離せない感じ。

    怖いけど、出口も借りてくるかな。

  • 百怪談、百物語だっけ?のつもりで読み出して、これはなんだか民俗学っぽいというか、土着のお話だなと感じる。なんでか、口伝で語り継がれる噂っぽいところ?
    ピントの合ってない写真の、遠さの表現?遠いものは一般化しやすいから。

全23件中 1 - 23件を表示

深夜百太郎 入口に関連する談話室の質問

深夜百太郎 入口を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

深夜百太郎 入口を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

深夜百太郎 入口を本棚に「積読」で登録しているひと

深夜百太郎 入口の作品紹介

舞城版百物語。立ち向かう50+50通りの愛と哀と逢。出口へ急げ!!!

ツイートする