深夜百太郎 入口

  • 177人登録
  • 3.68評価
    • (10)
    • (21)
    • (17)
    • (5)
    • (0)
  • 24レビュー
  • ナナロク社 (2015年9月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784904292617

深夜百太郎 入口の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 舞城王太郎の百物語ものとくれば、まあ、読むしかない。そして、当然のように、おもしろい。

  • えーと,これは入口の50~01アナタタ:02倒れた木:03地獄の子:04踏切:05二階の火の玉王子様:06ゆらゆら:07グルグル:08イミルナレ地蔵:09家族の手:10蛍の光:11友達の部屋:12笑う鬼:13あじさいの中:14夜のダム:15兵藤くん;16山の小屋:17穴の蓋:18河童の地蔵:19ファミレスの子供:20叔母の主張:21図書館の彼女:22軽トラの荷台:23隣の豚:24座敷のあじさい:25床下の猫の通り道:26エロ本小屋:27車の河:28入れない家:29夏の落ち葉:30手握り:31トイレットペーパー・ゴースト:32オクリカエシ:33夢の獏:34耳に入る虫:35風呂の外:36横内さん:37空の大王:38忠犬バッチ:39トイレ問答:40体育館でかくれんぼ:41パソコン共用:42手招き:43パクった傘:44アルバム:45高架下の首吊りストーカー:46猫の段ボール:47客が一人のバス:48夜中の暗い風呂:49買ってない品物:50車の蛇~短編集だとは知らず,舞城の名前だけで買ったんだけど,軽くて良いかも。タイトル書いていて思い出せるのが良い 。毎晩一話ずつ書いたらしいが,偉いことですね。ピンぼけのわざと素人臭い写真を使いやがって…と思っていたら,左内正史という写真家だった。なぜ,この写真?? 舞台はお馴染みの調布市と福井県西暁町(南越前町?)

  • 舞城王太郎が描く百物語。
    次々現れるちょっと怖いショートショート。
    短文とはいえ、それぞれちゃんと面白い。

  • やっぱり怪談の読み方がわからぬ。怖いのは魂が抜けたような人間の方だ。出口に向かえば何かわかるかな?

  • そういえば今までに2冊しか読んでいない舞城王太郎、うち初めの一冊は熊の場所でその中にも怪談じみたというか怪談が出てくる。深夜、学校で。お決まりといえばお決まりの怪談だけどそれが本筋とうまい具合に絡まっていた。今度は全編怪談だ。うん、凄い。

    実話系だと当然死んでしまった人間の視点からは語れないわけで、しんじゃううううう~って感じからがちで死んじゃった感じのホラーはなんていうか怪談の軽さからちょっとべたべたした足がついている感じがするけど、その辺さらっとしていてヒジョーに好みだ。怖いけど。うん、意味わかんないうえに結構えげつなく死んでいるけど。怖い。怪談楽しい。

  • 思い返すと、怪談でないフツーの舞城の小説も十分に怪談的な恐ろしさがあるよね。

  • 舞城王太郎初読でした。前情報なしに普通の怪談ものかなと手に取って驚きました。なんとも新感覚!描き方の視点が新しいのか今までにない不思議なテンポと語り口で、一つ一つのお話が本当におもしろい!こういう切り口は自分にはすごく新鮮な気持ちで読めました。以前から気になっていた作家さんですが、他の本も読んでみます。その前に、まだ後半の『出口』がありますね。

  • とにかく良い。人間が怖い。そしてtwitterで連載していた時とはまた違った印象。読んでいない話もあった。

  • こういう恐怖を求めていた。

  • 怖い。特に「トイレ問答」は秀逸。わずかワンラリーの会話から、読者にここまで絶望感を味わわせる語り口はやはり凄い。

全24件中 1 - 10件を表示

舞城王太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

深夜百太郎 入口に関連する談話室の質問

深夜百太郎 入口を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

深夜百太郎 入口を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

深夜百太郎 入口の作品紹介

舞城版百物語。立ち向かう50+50通りの愛と哀と逢。出口へ急げ!!!

ツイートする