モーツァルト:交響曲第40番&第41番

  • 14人登録
  • 3.78評価
    • (4)
    • (0)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
アーティスト : ベーム(カール) 
制作 : ベーム(カール)  モーツァルト  ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 
  • ユニバーサル ミュージック クラシック (2005年12月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4988005412218

モーツァルト:交響曲第40番&第41番の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • やや早足で歩く傾向にあるわたしもじつはメヌエットアレグレットで歩いてゆきたいのです。二足歩行するわたしはメヌエットでリズムを整えているようです。

  • 意外と音がいい。きちんとした端正な演奏。

  • 40番、41番はモーツァルト最後の交響曲で最高傑作と崇められている作品だ。ここでお薦めしたいのが、41番「ジュピター」。タイトル通り宇宙的でスケールの大きいシンフォニーだ。ベームでよく言われるようなテンポの遅さなど気にならない。これでもか!と言わんばかりに聴かせてくれるフィナーレは圧倒される。

全4件中 1 - 4件を表示

モーツァルト:交響曲第40番&第41番はこんな音楽です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする