サラ、いつわりの祈り [DVD]

  • 95人登録
  • 3.10評価
    • (6)
    • (7)
    • (36)
    • (5)
    • (4)
  • 17レビュー
監督 : アーシア・アルジェント 
出演 : アーシア・アルジェント  ジミー・ベネット  ピーター・フォンダ  マイケル・ピット  ジョン・ロビンソン 
  • ジェネオン エンタテインメント (2006年1月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4560242140354

サラ、いつわりの祈り [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • *観終えてしょんぼり、心が堕ちてしまうお話*

    さすが、映画監督ダリオ・アルジェントの娘アーシア・アルジェント。

    アーシアが主演、監督ですが、原作はいろいろと曰くつきでした。

    離れ離れに暮らしていた母親と息子、
    ある日、母親は7歳になった息子を連れ戻すが・・・
    結果、母親も息子もズタズタになってしまうのだ。

    感想としては、 腹立たしくて・切なくて・やりきれない。

    母親が子供に与える唯一の愛は「無償の愛」だと信じたいが・・・
          見事に裏切ってくれる。

    現代、子供を置き去り放置してでも遊び呆ける母親。
    結果、幼い子供は餓死していたニュースを知った時、
    決してこの作品を侮る事はできないと思った。

    観るには多少の勇気はいるが、
    息子の成長に応じて演じた3人の子役がすばらしかった。

    あ!この作品、レンタルは難しいかもしれない。

  • 実話だと思ってたのに。。。

    マンソンのすっぴんが見れるお。

  • リロイの小説を映画化するならそれなりの技術と根気と尺を持ってからにしてほしい。正直超不満足だけど、ジェレマイア役の子達が可愛すぎ。

  • どっと疲れた。
    愛ってわかりにくい…。
    インパクトは『バッファロー'66』、あと親子のねじくれは『サラエボの花』をちょっとだけ思い出してみたりした。

  • うっかり軽い気持ちで観ると、「うっ」とキます。 

主人公の少年に降り掛かる不幸が 
もはや家なき子以上に凄惨です。 

ウィノナやマンソンは端役。 

不安定過ぎる母親にイラっときてまう・・・。 
  
アダルトチルドレン問題が思い浮かんだ。 

後味悪いな〜コレ。

  • ラストで母か子どもが死んでいればまだハッピーエンドで観れたかもしれない。昨今で児童虐待が騒がれているせいかやけにリアルに感じた。先駆けとなった「愛と憎しみの伝説」が気になる。

  • 里親のもとで幸せに暮らしていた少年が実母に引き取られてこの世の地獄を味わう話し。監督そして主演はダリオ・アルジェントの娘、アーシア・アルジェント(金髪のカツラをつけるとユマ・サーマン似)マリリン・マンソン(素顔)やウィノナ・ライダー(精神科医役)ジェレミー・レナー(少年をレイプする役)も脇役で出演している。原作はJ・T・リロイの同名小説。といってもそんな人物は実のところ存在しない。当初は18歳の少年が記した実話として売り出された「サラ、いつわりの祈り」だけれど、後に30代の女性ローラ・アルバートが書いたフィクションだと判明したのだ。DVDにはJ・T・リロイ本人のインタビューも収録されているが、これはローラの義妹(夫の妹)だという。金髪のカツラとおおきなサングラスをかけて変装しているものの、いわれてみなくても少年にはみえない。しかし、ここがこのDVDのいちばんの見所かもしれない。アーシアの熱演もウィノナの怪演もそこそこ印象にのこったし、少年役のディラン&コール・スプラウス兄弟(コールは「フレンズ」でロスの息子ベンを演じていたらしい。あのベンがこんな美少年に成長するとは!)は目を見張るうつくしさ(女装シーンもあり)だが、作品自体は実話補正がなくなると、途端にかがやきをうしなう。

  • 超寓話的ロードムーヴィー。
    実話とかでっち上げとかどうでもいい。

  • GUMMOに続く、、、

    ぐっと胸に「何か」が伝わってくる作品




    映像だけで
    心が動かされる

    映像だけでは勿論無いけど、
    きっと、この作品を
    音声無しで見たとしても
    同じ感情に陥る保証が出来る。


    正直、後半
    何が何だか分からなくなった。
    急に主人公2人のする事に
    付いていけなくなった。



    でも、理解する必要も無いくらい
    単純な答えがそこにはあった

    この世界観何とも言えん。


    最近、自分の好きな作品には
    ジョン・ロビンソンが絶対出演しとる。

    最後に、こんな神に当る作品を
    演じてる少年に拍手を送りたい。

  • 母を嫌悪しながらも、次第に母と同化したいと願う少年の危うさ、切なさを独特の映像で綴った衝撃作。

全17件中 1 - 10件を表示

サラ、いつわりの祈り [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

サラ、いつわりの祈り [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

サラ、いつわりの祈り [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする