カサンドラ・クロス [DVD]

  • 12人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
監督 : ジョルジュ・パン・コスマトス 
出演 : バート・ランカスター  ソフィア・ローレン  リチャード・ハリス  エヴァ・ガードナー  マーティン・シーン 
  • 東北新社 (2006年10月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4933364210227

カサンドラ・クロス [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  医学関係の賞を受賞して講演旅行に行くために列車に乗り合わせた神経外科医のチェンバレン博士(リチャード・ハリス)が無双の大活躍!
     受賞したということは研究医か?研究医は現実の臨床が今一つではないかという刷り込みがあるのですが、チェンバレン博士は臨床医としても有能で、適切に仕切っていきます。
     それどころか医学以外のことでも、指揮を執る軍人達と交渉したり、ナバロのハイジャックを鎮圧したり、反乱を指揮したり、プロの軍人と銃撃戦を展開したり、列車を切り離したり、果ては列車から振り落とされても無事など、スーパーマンです。
     実際に自分がこの列車に乗り合わせていたらどう行動するか。間違いなく主要人物にはなれなくて脇役のはずなんですが。
     そして物語はめでたしめでたしでは終わっていません。
     実はこの後が重要なんです。
     この後について皆さん考えてみて下さい、という考えさせる物語です。

     エレナ医師(イングリッド・チューリン)やマッケンジー大佐(バート・ランカスター)に尾行が付いているというラストのセリフや、この映画の製作意図などを考慮すると、あまり楽観視できないと思います。
     この映画を現実にあったドキュメンタリーだと考えると、現実にはそんなことは知れ渡っていない、だからこれは歴史から抹殺されたドキュメントだ、と読み取ることができます。
     現実に世の中には、このように一般の人々に知られていない秘密が沢山あるのですはないでしょうか。
     例えばかつて日本の公害病でも同じことが行われましたが、勇気ある人々の努力で明らかになりました。
     日本の戦争中に起こった事件でも、安倍政権や歴史修正主義者と言われる人々がなかったことにしようとしています。
     そして原発事故でも同じようなことが行われているかもしれないのです。
       http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20171225/p1

  • 35年前に日比谷映画劇場で観て以来でした。
    129分と、それなりに長い映画です。
    ロードショーの時の印象は
    「ラストのミニチュアがダサくて興醒めだなぁ」
    でしたが、久し振りに観ても同じでした。
    ラスト直前までは中々 良く出来た感じでしたが、
    列車の落下シーンで……。

    ジェリー・ゴールドスミスの音楽は良いです。
    それ以外は特筆できない、かな……?

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

カサンドラ・クロス [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

カサンドラ・クロス [DVD]を本棚に登録しているひと

カサンドラ・クロス [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

カサンドラ・クロス [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする