父が消えた―五つの短篇小説 (1981年)

  • 10人登録
  • 4.33評価
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 尾辻克彦
  • 文藝春秋 (1981年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)

父が消えた―五つの短篇小説 (1981年)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読み進めると、1篇1篇の主人公がみな同じかと思ってしまうし、
    主人公が書いている本か?という感覚になる。
    これはエッセイなのか?と思ってしまう。
    重い内容を書いているのに、軽快なネタを入れてきて、つい笑ってしまう。
    タイトルや表紙から、勝手に硬そうな話なのか?と思っていたが、
    それだけではない空気感がとてもよかった。
    共感できる部分も多々あって、非常に面白かった。

  • 第84回 芥川賞 初版

全2件中 1 - 2件を表示

尾辻克彦の作品

父が消えた―五つの短篇小説 (1981年)を本棚に登録しているひと

父が消えた―五つの短篇小説 (1981年)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

父が消えた―五つの短篇小説 (1981年)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする