三重露出 (1978年) (講談社文庫)

  • 12人登録
  • 3.75評価
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 都筑道夫
  • 講談社 (1978年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (289ページ)

三重露出 (1978年) (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ブックオフにて108円で。もう40年近く前に出た本だが、傑作の誉れ高いミステリとのことで期待して読んだ。作中作と現実のリンクを主題にした、メタ・ミステリ寄りの作風かと思ったのだが案外そうでもなく、どんでん返しというより放り投げた観のあるラストなどは、むしろアンチ・ミステリに近い気がした。それにしても、現実の起伏に乏しい進行に比べ、作中作パートでの、海外小説の翻訳という体裁を逆手に取った部類の面白さときたら! すぐに捕まる主人公の不注意っぷりもご愛嬌。冒頭、〈日本版翻訳権所有〉の見事な模倣は伊達じゃない。

  • 日本推理作家協会賞候補(18回/1965年)

全2件中 1 - 2件を表示

都筑道夫の作品

三重露出 (1978年) (講談社文庫)はこんな本です

三重露出 (1978年) (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

三重露出 (1978年) (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

三重露出 (1978年) (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする